カテゴリ: トピックス

読者の中には、Twitterで次のようなネタを目撃した方も多いだろう。


数日前よりタイムラインに表れるようになった「バイオゴリラ」。ネタの作者は@kta_k氏であり、以下のツイートが初出である。


バイオゴリラの設定は以下の通り。


作者による公式bot(Bio_Gorilla_bot)では多くのネタが投稿されている。気に入った読者はさっそくフォローしてみては?






本日8月16日はファンタジー作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズの誕生日。日本ではジブリ映画『ハウルの動く城』の原作者として知られている。これにあわせてGoogleトップページのロゴも可愛らしいアニメーション仕様に変更されている。

ダイアナ・ウィン・ジョーンズは1934年8月16日、ロンドンに生まれた。名門オックスフォード大学に進学し、『指輪物語』のトールキンや『ナルニア国物語』のC・W・ルイスに習った。大学卒業後、3人の子を育てる中で作家としてファンタジーの執筆を開始。現在ではイギリスを代表するファンタジー作家として人気を博している。2011年死去。

キムタクや美輪明宏が出演して話題を集めたジブリ映画は、シリーズ「ハウルの動く城」の第一作『魔法使いハウルと火の悪魔』をアニメ化したものだ。2006年にアメリカの児童文学賞である「フェニックス賞」を受賞している。

Googleのロゴは火の悪魔カルシファーを囲んで登場人物が団欒をするアニメーションになっている。これを機にダイアナ・ウィン・ジョーンズの作品を手に取ってみてはいかがだろうか。

フランスの家庭料理の代表といえば「ムール貝の白ワイン蒸し」でしょう。パリを旅行してビストロに入るとよく出される料理でもあります。そんなフランスの味を日本でも再現できないものでしょうか? そんな声を受けて、本記事ではムール貝の白ワイン蒸しを簡単に作れる方法を紹介します。材料は以下の通りです。
・ムール貝 1kg
・白ワイン 100cc
・にんにく 1片
・玉ねぎ 半個
・オリーブオイル 大さじ2 
たったこれだけの材料でムール貝の白ワイン蒸しが作れます。簡単そうでしょう? さっそく作り方を見ていきます。

1. ムール貝を洗う

貝殻の表面に付いている苔や藻を取り除きます。包丁の背や金タワシを使うとうまく取れます。貝殻の中から出ているヒゲも取り除きましょう。一個ずつ丁寧に洗います。この作業が一番面倒かもしれません。

2. にんにくと玉ねぎをみじん切りにする

玉ねぎは皮をむき芽をとってからみじん切りにします。

3. 鍋にオリーブオイルを引きにんにくと玉ねぎを炒める

みじん切りにしたにんにくを鍋に入れ、中火で焦がさないように炒めます。香りが立ったら玉ねぎを入れ、透明感が出てしんなりするまで炒めます。

4. ムール貝と白ワインを入れ、ふたをして蒸す

火を強火にして貝の口が開くまで蒸します。

5. 完成!

 これで出来上がりです。貝に海水の味が付いているので塩コショウなしでも美味しく作れます。筆者はパリのドミトリーでこれを作りましたが、宿泊客に大人気であっという間になくなってしまいました。

ちなみに食べ終わったあと煮汁が残ると思いますが、これを捨てるのはもったいないです。フランスパンに付けて食べてもおいしいですが、鍋に白ご飯を投入しておじやにすれば最高です。塩味が足りなければ好みで食塩を足せば美味しくなります。簡単で美味しいムール貝の白ワイン蒸し、ご家庭でもぜひ試してみて下さい。

P1120553
societas(ソキエタス)とは「社交」「仲間」「組合」などの意味を持つラテン語の単語です。転じて「社会」という意味の英単語society(ソサエティ)が生まれました。当サイトでは、社会を今までとは少しだけ違った視点から見るために、歴史や文化、音楽、美術などといったトピックのニュース記事を世界各地より公開していきます。

当サイトはリンクフリーです。文章等コンテンツの無断転載はご遠慮願います。お問い合わせはsocietas1789@gmail.comまでお寄せ下さい。なお迷惑メールの送信はお断りします。

↑このページのトップヘ