カテゴリ: スポーツ

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第3戦中国杯最終日の8日、男子フリーの練習中、羽生結弦選手が中国の閻涵選手とリンク内で激しく衝突し、頭部を負傷した。

羽生選手は練習中、閻選手と激しく衝突し転倒、頭部から首にかけてを負傷した。閻選手は自力でリンク脇に退避することができたが、羽生選手は動くことができずその場で横たわっていた。顎から出血していたことが判明し、一時は出場も危ぶまれた。

結局、羽生選手は治療を受けて競技を続行。4分半のプログラムだったが、最後まで演技を完遂した。

競技終了後、羽生選手は号泣、日本中が感動の波に包まれたが、中には次のような意見も少なからず見られる。
いずれにせよ、現時点で最も心配なのは羽生選手の容態である。無理をしたがゆえに選手人生を縮めてしまうことの無いよう、今後も慎重な判断が望まれる。

↑このページのトップヘ