カテゴリ: 教育

11月22~24日にかけて、東京大学第65回駒場祭が開催される。来場者のべ10万人、企画数500と、都内でも最大規模の学園祭である。

そんな駒場祭の目玉企画の一つが、地文研究会「天文部」によるプラネタリウム展示だ。学生の作ったオモチャと侮るなかれ。このプラネタリウム、毎年多くの入場者を集め、来場者の投票によって選ばれる「駒場祭グランプリ」では常に上位にランクインする人気企画なのだ。一体何が人気の秘密なのだろうか?

天文部によるプラネタリウム最大の売りは、ドーム規模の大きさである。そのサイズは直径12メートル。もちろんアマチュアとしては日本最大級で、小さな科学館の商業用プラネタリウムに匹敵する大きさだ。一度の上映で100名以上を収容できるというから、その規模の大きさが推察できる。

技術的な面で言えば、天文部のプラネタリウムは「レンズ式」という機構を採用している。ただ単に穴をあけるだけの「ピンホール式」と違って、レンズを通して光を収束させることで、よりシャープな星が投影できる仕組みだ。商業用プラネタリウムの多くがこの仕組みを採用しているが、高度な技術が要求されるため、アマチュアで「レンズ式」を採用している所は極めて珍しい。

肝心のコンテンツは、部員自ら脚本・キャストを担当した音声シナリオが放映される。シナリオは複数用意されているため、複数回足を運んでみてもよいだろう。


なお、上映内容や時間などの詳しい情報は、天文部公式webサイトから入手することができる。これから続く学園祭シーズン、東大天文部によるプラネタリウムに一度足を運び、大学生の底力を体感してみてはいかがだろうか。

プラネタリウム〜星々が織り成す物語〜
期間:2014年11月22日(土),23日(日),24日(月・祝日)
場所:東京大学駒場キャンパス第2体育館
観覧料:無料
※観覧には整理券が必要です 
URL:http://www.ut-astro.org/festival.htm 


目黒区にある東京大学駒場博物館で10月18日より「ロベルト・ユンクと原爆の記憶 越境するヒロシマ」展が開催されている。

ロベルト・ユンクはドイツ出身のユダヤ系ジャーナリスト。1913年ベルリンに生まれたが、ナチ政権成立を機にパリへ亡命、第二次大戦中は反ナチス運動(レジスタンス)に携わった。

戦後は米国に渡り、そこで核実験の実態を目の当たりにする。平和と人類の未来に対する脅威を感じたユンクは広島を訪問し、被害の実情を世界に伝える活動を行った。折鶴を掲げる原爆の子の像のモデルになった佐々木禎子の生涯が世界に伝わるきっかけを作ったのもユンクである。

今回の駒場博物館における展示は、そんなユンクの半生をたどる展示を行う。関連イベントとして、以下の行事が行われる。

高校生のための金曜特別講座
「アウシュビッツからヒロシマ・ナガサキへ」 
講師:石田勇治(東京大学総合文化研究科教授)
日時:11月7日(金) 17:30~
会場:東京大学駒場Iキャンパス 18号館ホール 

駒場祭連携企画シンポジウム
「越境するヒロシマ-ロベルト・ユンクと原爆の記憶」
会場:東京大学駒場I キャンパスKOMCEE レクチャーホール
日時:2014 年11 月23 日(日)13:00~16:30
パネリスト:石田勇治(東京大学教授)、若尾祐司(名古屋大学名誉教授)、 川口悠子(法政大学講師)、竹本真希子(広島市立大学講師)、 マイク・ヘンドリク・シュプロッテ(ドイツ・ハレ大学講師) 

ギャラリートーク
会場:東京大学駒場I キャンパス駒場博物館1F 展示室
時間:各回とも14:00~
2014 年10 月25 日(土)、川口悠子(法政大学理工学部専任講師)
「『ヒロシマ』を個人史から読み解く:米国留学が可能にした被爆者救援」
2014年11 月1 日(土)、柳原伸洋(東海大学文学部専任講師)
「〈未来〉はまだ終わってない 原爆と空爆をつなぐ想像と思考の実験」
2014年11 月8 日(土)、猪狩弘美 (東京大学大学院総合文化研究科特任研究員)
「惨禍の体験とその後の苦難 ホロコースト生存者たちのたどった運命」
2014年11 月15 日(土)、竹本真希子(広島市立大学広島平和研究所講師)
「ロベルト・ユンクが日本で見たもの」  

なお入場はいずれも無料。展示や研究者の解説を通じて、知られざる平和運動家の軌跡をたどりたい。



「ロベルト・ユンクと原爆の記憶 越境するヒロシマ」

会場:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1階展示室
会期:2014年10月18日(土)~12月7日(日)
開館時間:10:00~18:00 (入館は17:30まで)
休館日:火曜日 
http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/exihibition.html



関連記事:
【動画】冷戦中に行われた核実験を視覚化した衝撃的なアートワーク

フランス東部、スイスと国境を接する地域にあるフランシュ=コンテ地域圏。この地域の主要都市が、ドゥー川中腹に位置するブザンソンだ。文豪ユゴー、思想家プルードンやフーリエの生まれた地として知られるほか、日本人関連では若き小澤征爾がブザンソン国際指揮者コンクールで優勝、建築家の隈研吾がブザンソン芸術文化センターを手掛けている。

そんなブザンソンにある世界的に有名な語学学校が「応用言語学センター(Centre de Linguistique Appliquée)」だ。略称は「セラ(CLA)」フランシュ=コンテ大学付属の言語研究・教育施設で、1958年創設と長い歴史を持っている。

CLAの一番の目玉は外国人向けのフランス語講座(Français langue étrangère)である。コースは主に、1か月間にわたって週25時間の講座を受講する短期集中コースと、一年間を通して週15時間を受講する通年コースがある。他にDELF/DALF対策の講座も開講されている。

CLAの授業の特徴的なものとして、金曜日の小旅行がある。画家クールベゆかりの地オルナンや、医師パストゥールが生まれた村ドルなどにバスで赴き、現地で生きたフランス語が学べるというわけだ。他に週末に有料でリヨンやストラスブールへのバスツアーも用意されている。

CLAは青山学院大学や関西学院大学をはじめ、日本のいくつかの大学と留学の提携を結んでいる。もちろん提携校でなくても個人による応募は可能だ。その場合、CLAの公式webサイトから自分でフォームを記入することになる。

以下の動画はCLA50周年に際するフランスのニュース特集である。ちなみにCLAの所在するフランシュ=コンテ地方はコンテチーズやジュラワイン、ヴァン・ジョーヌなどの食材で知られている。またブザンソンの周辺にはル・コルビュジェによるロンシャンの礼拝堂や、クロード=ニコラ・ルドゥーによるアルケスナン王立製塩所などの観光スポットもある。留学の際は勉強に加えて、地方ならではのグルメや観光も楽しみたいものだ。

 

Centre de Linguistique Appliquée(応用言語学センター)
所在地: 6 rue Gabriel Plançon 25000 Besançon
URL:http://cla.univ-fcomte.fr/index.php
 

卒論(または修論やレポート)の体験談として必ず聞くものに「データ紛失」がある。これまで卒論に取り組んできた多くの学生がデータ紛失の憂き目にあっている。

自分だけは大丈夫、そう思っていても必ず体験するのがデータ紛失だ。なぜなら卒論は文字数が多いため、今までにない容量が必要となる。そのためワードやパソコン本体に負荷がかかり、フリーズしてしまうことも少なくないのである。

そうした事態を避けるため、バックアップを取るようによく指導される。しかしながらUSBメモリでは不十分だ。USBは消耗品。使っているうちにデータが読み込めなくなってしまう。何度も上書き保存を重ねる卒論データの保存には向かない。

そこで本エントリでは、卒論データのバックアップに最適な方法を3つ紹介する。卒論執筆中の読者のお役にたてば幸いである。

1. evernote、dropbox等オンラインストレージ

オンラインストレージならデータが消える心配はまずないと言ってよい。容量も卒論程度なら全く問題はないだろう。主なものにはevernote、dropbox、google driveなどがある。ただしごくまれに情報漏洩の危険があることは認識しておきたい。

2. メールの添付ファイル

アナログなようで意外と使えるのがこの方法だ。上のオンラインストレージと同様、学校など外出先からでもファイルを開けるのが嬉しい。ただし操作を間違えると簡単にデータが消えてしまうので、ファイル添付の操作は慎重に行いたい。

3. 外付けハードディスク

USBメモリより安全度が高いのが外付けハードディスクだ。やや値は張るが、容量が多く、就職してからも使用できることを考えると悪くない買い物と言えるだろう。amazon.co.jpなどでは以下に掲載したHDDのように、割引きされた商品を見つけることもできるので要チェックだ。




関連記事: 
【大学別】文学部歴史学科の卒論テーマ一覧(西洋史編) 

『タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)』は1日、毎年恒例となっている世界大学ランキングの最新版(2014-15)を発表した。

THEは英米系メディアの『タイムズ』が毎年秋に発行する教育情報誌。9月に発表されるQS社のランキングと並んで、世界中の注目を集めるランキングである。

気になる上位校とその所在国は以下の通り。 

1. カリフォルニア工科大学(米国)
2. ハーバード大学(米国)
3. オックスフォード大学(英国)
4. スタンフォード大学(米国)
5. ケンブリッジ大学(英国)
6. マサチューセッツ工科大学(米国)
7. プリンストン大学(米国)
8. カリフォルニア大学バークレー校(米国)
9. インペリアル・カレッジ・ロンドン(英国)
9. イェール大学 (米国)

今回も上位層を英語圏が独占している。首位のカリフォルニア工科大学(Caltech)は聞きなれない大学だが、THEの世界ランキングでは4連覇を続けている実力派の大学である。QS社のランキングでも世界8位にランクインしている。 少人数制の単科大学ならではの研究能力が評価された形だ。

なお、200位以内に名を連ねた日本の大学は以下の通り。

23. 東京大学
59. 京都大学
141. 東京工業大学
157. 大阪大学
165. 東北大学
 
東大は昨年と同順位だが、アジアでは首位、非英語圏を総合してもスイス・チューリヒ工科大学(13位) に次ぐ順位へランクインした。クォーター制への移行をはじめとする一連の国際化の動きが一まずは功を奏した結果といえるだろう。

やらなければいけない課題があるのにtwitterで遊んでしまう…そんな経験は誰にでもあるはずだ。そんな声を反映してか、twitterには原稿催促・作業催促を目的としたbotが複数存在する。今回はそんなbotの中から特につぶやきが秀逸なものを5点選んで紹介する。〆切を抱えた読者の役に立てば幸いである。

「原稿しろ」bot

「卒論しろ」bot



「作業しろ」bot


「〆切厳守」bot


シャーロック原稿しろbot


英国の大学評価機関であるQS社(Quacquarelli Symonds)の世界大学ランキング最新版(2014/15年)が発表された。THE(Times Higher Education)のランキングと並んで世界的に有名な大学評価の指標である。首位から10位までの大学と所在国は以下の通り。

1 マサチューセッツ工科大学(米国)
2 ケンブリッジ大学(英国)
3 インペリアル・カレッジ・ロンドン(英国)
4 ハーバード大学(米国)
5 オックスフォード大学(英国)
5 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(英国)
7 スタンフォード大学(米国)
8 カリフォルニア工科大学(米国)
9 プリンストン大学(米国)
10 イェール大学(米国)

ランキング上位を占めているのは軒並み英米の大学である。一部では評価基準が英語圏に有利ではないかという声もあるため、ランキングへの過信は禁物だろう。
ちなみに、日本からは以下の5大学が100位以内にランキングしている。

31 東京大学
36 京都大学
55 大阪大学
68 東京工業大学
71 東北大学

アジアからは他にシンガポール国立大学が22位にランクインしているほか、香港大学28位、ソウル大学校31位などとなっている。経済成長を遂げたアジア諸国の積極的な教育投資が効果をあげる結果となった。

source: topuniversities.com

英米系メディアの『タイムズ』が毎年秋に発行する教育誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)』では、2004年より世界大学ランキングを発表している。独自の指標に基づくこの格付けは2013年で10回目を迎え、先日、公式Twitterにて以下のようなアナウンスが出された。
 


 
これによれば次回のランキング発表は今年(2014年)の10月1日とのこと。全世界の教育界の注目が集まる。
 
ちなみに昨年度(2013-2014年)のランキング上位校とその所在国は以下の通り。
 
(1)カリフォルニア工科大学(アメリカ)
(2)ハーヴァード大学(アメリカ)
(3)オックスフォード大学(イギリス)
(4)スタンフォード大学(アメリカ)
(5)マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
(6)プリンストン大学(アメリカ)
(7)ケンブリッジ大学(イギリス)
(8)カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ)
(9)シカゴ大学(アメリカ)
(10)インペリアル・カレッジ・ロンドン(イギリス)
 
このほか、日本からは東大が23位、京大が52位にランクインしている。上位10校に米英系の大学が軒並み名を連ねていることからも分かる通り、非英語圏には不利な指標となっている。EUやアジアの大学は有名校にもかかわらず低い順位にとどまっている場合もあるため、順位の過信は禁物と言えるだろう。
 
なおTHEの公式webサイトからは学部別のランキングなども閲覧することができる。

かねてより学生の留学促進・留学生の獲得を目指してきた東京大学は1日、学事暦の全面変更を発表した。大学院総合文化研究科長・教養学部長の石井洋二郎教授によれば「いずれもこれまでにない大きな変更ですので、学生の皆さんにあらかじめ承知しておいてもらいたいと考え、現在までに決定している主要な変更事項、及び留意点を、別紙の通りお知らせする次第」とのこと。

発表によれば現行の夏冬の2学期制から4学期によるクォーター制へと移行する。日程は以下のとおり。

S1ターム:4月6日~6月4日
S2ターム:6月5日~7月31日
A1ターム:9月14日~10月30日
A2ターム:11月2日~12月25日

S1、S2タームを併せてS(Summer)セメスター、A1、A2タームを併せてA(Autumn)セメスターとする。欧米の方式にあわせることで留学生獲得をめざす試みだ。またこれにより1~3月に長期休暇が設けられる。これを利用して学生は短期の語学留学やインターンシップを行うことが可能になる。

なお今回の変更は東大の中でも駒場(学部1~2年、後期教養学部、大学院総合文化研究科)のみに適用される。大きな変更であるだけに、今後の動向について学内外の注目が集まる。

source: c.u-tokyo.ac.jp

↑このページのトップヘ