2015y03m20d_204622010
今日3月21日は春分の日だ。Googleロゴも色とりどりの花が咲く特別アニメーションに変更されている。

この変更は記念日を祝うお遊び企画「Google Doodle」によるもの。過去にも歴史上の偉人の誕生日など、様々な機会にトップページのロゴ変更が行われている。

ちなみに本日の春分の日ロゴ、Google欧州版では日本語版と少し違ったアニメーションが見られる。以下のようなものだ。
2015y03m20d_011047336
日本語版との違いにお気づきだろうか? そう、画像の右側が少し黒ずんでいる。これは20日に欧州全域で観察された日食を表したもの。ヨーロッパでは時差の関係で20日に春分の日を迎えたが、日食と同日に起こるという珍しい機会になった。

関連記事:本日、欧州全域で部分日食【Équinoxe de printemps】

Twitterにはユーザーによって撮影された日食の写真が数多く投稿されている。どれも美しいものばかりなので、いくつかピックアップしてみよう。


いかがだっただろうか? 日本からは日食を観測することはできなかったが、投稿された写真からその雰囲気を感じとることはできたのではないだろうか。

ちなみにパリでは大気汚染による光化学スモッグが原因と見られる霞のため、日食を観測することはできなかった。これを揶揄して以下のようなツイートも投稿されている。


(訳:皆既エッフェル塔食)

ちなみに今日は日食だけでなく、「月と地球の最接近」と「新月」が重なる「スーパームーン」という現象も起こっている。これにより月の見た目が大きくなり、日食が広い範囲で観測されたのもこのためだ。結果的に、スーパームーン、日食、春分の日という天文イベントが3つも重なる、極めて珍しい日となった。