main
5日、人気ドラマ「DOCTORS3 最強の名医」の最終回が放送された。

「DOCTORS3」は沢村一樹主演の人気シリーズ。沢村演じる医師・相良浩介は腕が立ち、患者に対しては温厚でありながら、自分の信じる理想の医療のためなら手段を選ばない性格。シリーズは今年1月より放送開始された。

5日に放送された最終回となる第9話では、買収されるまで秒読みとなった堂上総合病院にて、相良が難易度の高い「生体ドミノ肝移植」の手術を行うことになる。成功すれば病院の信頼回復のチャンスだが、森山(高嶋政伸・演)だけが手術に反対する。病院の運命を託された相良は森山の説得にかかるが…というストーリーだった。

気になる最終話の視聴率は15.3%。同シリーズの視聴率は初回以来、14.6%、14.6%、14.4%、13.3%、16.9%、14.3%、12.5%、13.2%と推移してきた。シリーズ後半はやや勢いを落としたものの、 最終話では15パーセント超えを達成し、人気シリーズにふさわしい幕引きとなった。

なお、4月からは次作「アイムホーム」がスタートする。木村拓哉がテレビ朝日連続ドラマ初主演し、初共演となる上戸彩と夫婦役を演じる。新シリーズの動向に要注目だ。