29647048
31日、ドイツの政治家リヒャルト・フォン・ヴァイツゼッカーが亡くなった旨を、ドイツやフランスなど複数の欧州メディアが報じた。

ヴァイツゼッカー(ワイツゼッカー)は1920年生まれ。94歳だった。キリスト教民主同盟(CDU)に所属する政治家で、西ベルリン市長などを歴任したのち、84年より西ドイツ大統領。東西ドイツ統一時に連邦大統領を務めた。

1985年5月8日、ドイツ敗戦40周年に際して行った連邦議会演説における「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在にも盲目となる」という歴史認識に関する一節が有名。ナチスの戦争犯罪を直視することを呼びかけ、大きな反響を呼んだ。日本では岩波書店から永井清彦の訳により『荒れ野の40年』という題で出版されており、現在でも容易に入手することができる。



photo: badische-zeitung.de