2014y12m21d_035426460
17日、チームラボが松竹の新オープニングロゴを公開した。

松竹は2015年に創業120周年を迎える。オープニングロゴでは松竹の「継承」と「発展」を表現するため、松竹のシンボルである富士山をデジタルの3次元空間で立体的に表現。日本の伝統的な空間認識の方法を用いて日本美術の平面へと変化させ、進歩と伝統を同時に表現している。

動画は通常版とブルーラインの2種類が公開されている。

 
 

ブルーラインとは「新たなクリエーターの発掘、若手監督・プロデューサー等の育成を目的として、製作、公開してきたチャレンジ企画作品」。オープニングロゴをシースルーにして構造をむき出しにすることで、「創造性」と「先進的」を表現したという。

新しいロゴは2015年1月より劇場で公開される。松竹では1月、「THE NEXT GENERATION パトレイバー/第7章」「シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア」「マエストロ!」などの配給を予定しており、これらの作品から新ロゴを見ることができる。チームラボの創造力を結集した映像のお披露目が楽しみだ。