2014y12m15d_164726280
本日12月16日は芸術家カンディンスキーの誕生日。これを記念してGoogleロゴも特別イラストに変更されている。

ワシリー・カンディンスキー(Wassily Kandinsky)はロシア・モスクワ出身の画家。抽象絵画の創始者として、20世紀を代表する芸術家である。ドイツの前衛的な芸術学校バウハウスで教鞭を執り、世界の芸術家に影響を与えた。バウハウスの名はNHK製作のドキュメンタリー『映像の世紀』オープニングで大文字のテロップで流されたので、記憶している読者も多いのではないだろうか。



カンディンスキーはグレゴリオ暦で1866年12月16日に生まれた。この日は当時ロシアで使用されていたユリウス暦では12月4日に当たる。大学では法律を学んだが、96年、南ドイツのミュンヒェンで絵画を学び始める。

彼が最初の活躍の場としたのはここドイツだった。1911年に「青騎士」と呼ばれる芸術サークルを結成。このころ独自の抽象画を創始する。

以後、革命後のロシアで前衛芸術の潮流を指揮したり、前述の通りドイツ・バウハウスで教えるなど、国際的に活躍。ナチスによってバウハウスが「退廃的」として閉鎖されるとフランスに亡命し、1941年にパリ郊外のヌイイで没した。

カンディンスキーの誕生日にあわせて、Googleロゴも彼の代表作「コンポジションVIII」を模した特別イラストに変更されている。記念日を祝うエンターテインメント機能「Doodle」(ドゥードゥル)によるものだ。今日一日、インターネットを使う時は現代芸術の創始に貢献した画家の生涯に思いを馳せてみるのも良いだろう。