2528e5ff9697-2b01-4f31-ad16-1647b117d666_l
11月29日から30日にかけて、日本最大級のスペインフェスティバル「フィエスタ・デ・エスパーニャ」が開催される。

「フィエスタ・デ・エスパーニャ」は2013年、日本とスペインの交流400周年を記念してスタートした。初年度は2日間で10万人を動員。2回目となる今年はさらに規模を拡大し、スペインの魅力満載のフェスティバルを実現する。

アトラクションは「飲食」・「文化」・「舞踊」・「音楽」 などのテーマに分かれて出展される。飲食ブースでは首都圏を中心とするスペイン料理店が出展するほか、サントリーのブースでは人気のスパークリングワイン「フレシネ」3種が1杯400円で提供される。

また、都内の有名スペイン料理店がパエリアナンバーワンを競い合うコンクールも開催。人気店のパエリア3店舗分が1,100円で楽しめるということで、スペイン料理好きには要注目のイベントだ。

文化テントではサッカーやワインのセミナー、フラメンコ体験やスペイン語講座など、スペイン文化の魅力が満載の来場者参加型イベントが開催される。またメインステージではフラメンコやギターのライブが行われるので、こちらも要チェックだ。そのほか、輸入雑貨の物販なども行われる。

「フィエスタ・デ・エスパーニャ2014」は代々木公園で29・30日の二日間、10:00から20:00にかけて開催される。入場は無料。スペインの文化に関心があるならこの機会をぜひチェックしたい。