26d44b6ef0f45bd51c5eee430c08e916_l
2014年12月、東京駅が開業百年を迎えることを記念して、11月18日から30日にかけて、東京ステーションギャラリーにて特別展「スペシャル・オープン・ウィーク : 駅の美術館で楽しむ13日間」が開催される。

特別展では東京駅100周年記念として、駅舎創建当時のレンガ壁を活かした展示を行うという。具体的には、「東京駅1/20模型を使ったプロジェクションマッピング上映」「東京駅が出来たころの丸の内体感展示」「復原前・復原後の東京駅断面模型の展示」などの展示が用意されている。

プロジェクションマッピングとは凹凸のある壁面に映像を投影する技術で、東京駅リニューアルオープン時に行われて話題を集めた。今回は縮小模型を使った上映だが、期待大であることに変わりはない。

そのほかレンガの展示室をワークショップ・ルームとして利用し、「東京駅・街・アート」をテーマにしたイベントも予定されている。イベントの詳細は公式サイトから確認することができる。13日だけの特別なイベント、関東在住の読者はぜひチェックしたい。


東京駅開業百年記念「スペシャル・オープン・ウィーク : 駅の美術館で楽しむ13日間」
【場所】東京ステーションギャラリー
【会期】2014年11月18~30日
【開館時間】 10:00~18:00 ※金曜日は20:00まで開館 ※入館は閉館30分前まで
【入館料】 一般・大学生200円、高校生以下無料
※20名以上の団体、障がい者手帳等持参で100円引き(介添者1名は無料)
 

source: ejrcf.or.jp