フランス社会科学高等研究院(EHESS)では現在、日仏高等研究センター設立に向けて研究者同士の交流が盛んとなっている。日仏財団のセバスチャン・ルシュバリエ理事長を中心に、プロジェクトが急速に進められているのだ。

そうした研究者交流の一環として 11月より、東京大学総合文化研究科の三浦篤教授がパリへ招かれ、一カ月にわたって連続公演を行う。プログラムの詳細は以下の通り。
Mercredi 12 Nov 2014 de 15h à 17h
«Les peintres japonais à Paris entre 1878 et 1914»
dans le cadre du séminaire d'Eric MICHAUD «Figures de l’homme nouveau, entre révolution et conservatisme (XIXe-XXIe siècles)»
Lieu : EHESS (105 bd Raspail 75006 Paris), salle 2

Jeudi 13 Nov 2014 de 9h à 12h
«Assimilation et diffusion réciproques des cultures française et japonaise à l'époque moderne et contemporaine» 
avec les interventions de Yoko TSUCHIYAMA (EHESS), de Léa SAINT-RAYMOND(ENS), de Deborah LEVY (Paris 8) et de Sabine PASDELOU (Paris 10)
Lieu : EHESS (190 av de France 75013 Paris), salle 662 (6ème étage)

Mercredi 19 Nov 2014 de 18h à 20h
«Les modalités de l'écriture dans la peinture française de la seconde moitié du XIXe siècle - sous rapport de l'art japonais et du japonisme»
Conférence organisée par la Fondation France- Japon de l’EHESS. 
Discutante : Béatrice FRAENKEL (EHESS)
Lieu : EHESS (190 av de France 75013 Paris), salle 640 (6ème étage)

JEUDI 20 Nov 2014 de 11h à 13h
«Raphaël Collin, entre le Japonisme et la peinture japonaise moderne»
dans le cadre du séminaire de Brigitte DERLON «Art et appropriation : bilan anthropologique»
Lieu : EHESS (105 bd Raspail 75006 Paris), salle 8 
三浦篤教授はフランスを中心とした西洋近代美術史の第一人者。『まなざしのレッスン1 西洋伝統絵画』などの入門書も手がけている。

そんな三浦教授が今回EHESSに招かれたのには理由がある。従来、EHESSにおける日本研究は経済部門が中心で、昭和期の高度経済成長の要因などといった点に注目が当てられてきた。しかしながら、今後は社会経済のみならず、人文・芸術分野における研究者交流をより盛んにしたいとの考えから今回の招聘が実現したのだ。

なお席数には限りがあるため、連続講義への参加は ffj@ehess.fr へ事前にメールを送る必要があるとのこと。詳しくは日仏財団の公式サイトをチェックされたい。



source: ffj.ehess.fr