7月27日、喜安朗による最新の著書『転成する歴史家たちの軌跡:網野善彦、安丸良夫、二宮宏之、そして私』をめぐる公開セミナーが東洋大学で開催される。

喜安朗は1931年生まれのフランス近代史研究者。東大文学部を卒業後、社会運動史研究会の活動に携わり、19世紀末のサンディカリストや、1848年革命の主役となった民衆層を対象に研究を行ってきた。代表的な著書に、19世紀前半パリの民衆生活を生きいきと描写した『パリの聖月曜日』(平凡社、1982年)、同じく19世紀パリ民衆の社会的結合関係を描いた『近代フランス民衆の<個と共同性>』(平凡社、1994年)などがある。

今回のセミナーは喜安の新刊『転成する歴史家たちの軌跡:網野善彦、安丸良夫、二宮宏之、そして私』の出版を契機とするもの。西洋史研究の大家が同世代の歴史家の仕事を表するとともに自身の半生を語った本書は、戦後日本における歴史研究の動向を知る上で欠かすことのできない文献となるだろう。

東洋大学では人間科学総合研究所を拠点に2011年以来「トランスナショナルカルチュラルヒストリーの今後」と題する共同研究プロジェクトを行ってきたが、今回のセミナーはその延長として企画されたもの。同プロジェクトからはピーター・バークによる講演原稿の出版や『歴史として、記憶として: 「社会運動史」1970~1985』がスピンオフするなど史学史・歴史理論に関して多くの成果が発表されたこともあり、今回のセミナーも期待大だ。関心のある読者はぜひチェックされたい。
公開セミナー
喜安朗著『転成する歴史家たちの軌跡 網野善彦、安丸良夫、二宮宏之、そして私』(せりか書房)をめぐって

基調報告: 喜安朗
コメント: 近藤和彦、戸邉秀明
司会: 岡本充弘
日時: 7月27日(日)13:30~17:00
場所: 東洋大学白山校舎8号館8階・125年記念ホール 

今月20日(金)より、映画『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』が公開される。

2007年に公開され話題を呼んだ映画『300 <スリーハンドレッド〉>』の続編であり、 前作の前後の物語が描かれる。本作の舞台は前500年より半世紀にわたって続いたペルシャ戦争のハイライトである「サラミスの海戦」だ。高校の世界史の教科書にも名前だけは載っている事件だが、一体どのような戦いだったのだろうか?

テルモピレーの戦い:前作のおさらい

サラミスの海戦について説明する前に、前作の舞台である「テルモピレー(テルモピュライ)の戦い」について簡単におさらいしておこう。前500年、ギリシャ連合軍とアケメネス朝ペルシャ帝国の間で勃発した戦争がペルシャ戦争である。この戦争でアテネやスパルタに代表されるギリシャの都市国家(ポリス)は同盟を結び、強大なペルシャ帝国に立ち向かった。ちなみに、このペルシャ戦争について叙述した史料が「エジプトはナイルの賜物」で有名なヘロドトスの『歴史』である。

前481年、ペルシャ王クセルクセス1世はポリス連合軍を屈服させるべく、ギリシャ遠征を挙行した。ヘロドトスの記述によれば、その数は100万人以上。迎えうつギリシャ軍は3日間にわたって奮戦したものの、多勢に無勢のため敢え無く撤退。勇猛で鳴らしたレオニダス王率いる300人のスパルタ兵は壮絶な玉砕を遂げる。かくしてテルモピレーの戦いはギリシャの惨敗に終わった。

決戦の舞台:サラミスの海戦

テルモピレーの敗戦は全ギリシャを震撼させた。100万のペルシャ軍はもうすぐそこまで迫っている。そこでアテネは各ポリスへ要請し、全ギリシャ艦隊をサラミス島へ集結させた。艦隊を率いるのは名将テミストクレス。誇り高い性格で政敵も多かったが、陣頭指揮の才能で右に出るものはいなかった。かくして両軍合わせて数百隻の三段櫂船がサラミス島の近海にて対峙した。ペルシャの帝王クセルクセスと、ギリシャの知将テミストクレス、勝利はどちらの手に渡るのか。

戦いの結果とその後日談について既にご存知の読者も多いと思うが、ここでは映画を観てのお楽しみとしておこう。映画『300<スリーハンドレッド> ~帝国の進撃~』は今月20日(金)より、全国劇場にて公開される。

フランスと聞いたとき第一に何を連想するでしょうか? 「美食」「ファッション」「音楽」など様々だと思います。しかしフランスといえば何といっても「芸術」は外せません。パリにはそんなフランスの誇る芸術作品を展示する美術館が数多く存在します。今回はそんなパリにある美術館の中から10館を厳選して紹介します。これから旅行へ出かける方の参考になれば幸いです。なお、写真は筆者がパリを旅行した際に撮影したものです。

1. ルーヴル美術館

1229867_506254476135252_2093916843_n
パリの観光地といえばエッフェル塔や凱旋門と並んで、まずこの美術館が思い浮かぶのではないでしょうか? ルーヴルは世界で最も有名な美術館の一つであり、『ミロのヴィーナス』やダヴィンチの『モナリザ』などの名画や彫刻が所狭しと並んでいます。収蔵品数30万点以上、床面積は60,000平米と非常に広大で、じっくり見ようと思ったら一日ではとても足りません。

2. オルセー美術館

090303_2322~01
パリで2番目に有名な美術館といえばここオルセー美術館。ルーヴル美術館が古代から19世紀までの作品を扱っているのに対し、このオルセー美術館は二月革命(1848)から第一次世界大戦(1914)までの作品を展示しています。折しも印象派全盛の時代、モネやミレーなど誰もが知る印象派の巨匠による作品が一堂に会するさまは圧巻です。ちなみに趣のある建物はかつての駅舎を改装したもの。吹き抜けの空間やかつて電車の発着を知らせた大時計やは独特の雰囲気を醸し出しています。訪れた際はそういった点も意識してみるとより深く楽しめるでしょう。

3. オランジュリー美術館

090306_2216~01
規模こそルーヴルやオルセーには敵わないものの、収蔵品の豪華さでは前2者に引けを取らない美術館です。「オランジュリー(Orangerie)」とは、「オランジーナ(Orangina)」からも連想されるとおりオレンジに関連する単語で、オレンジ用の温室を意味します。もともとは皇帝ナポレオン3世が宮廷用のオレンジ温室として19世紀中頃に作らせた建物ですが、20世紀前半に美術館へリノベーションされました。その目的はクロード・モネの連作『睡蓮』を展示すること。かつて温室だったこともあり絶妙な採光の下、白い壁面に名画が並ぶさまは圧巻です。

4. 国立近代美術館(ポンピドゥー・センター)

SN3E0177_0001
パリに似つかわしくない機械的で武骨な建物が目を引くポンピドゥー・センター、その4・5階にあるのが国立近代美術館です。作家にしてド・ゴール政権の文相でもあったアンドレ・マルローが計画した美術館で、20世紀の美術品を収蔵する目的で作られました。世界的建築家のレンゾ・ピアノとリチャード・ロジャースが設計した建物の名前は共和国第2代大統領ジョルジュ・ポンピドゥーに因んだものです。展示はキュビズムや野獣派の作品から若手芸術家の特別展までバラエティ豊かなので、現代アート好きならきっと楽しめるでしょう。ちなみに美術館の位置するレ・アル地区は若者の遊び場なので治安が良くない地区として知られています。貴重品の管理には十分気をつけて下さい。

5. カルナヴァレ美術館

SN3E0191
ルーヴルやオルセーといった名だたる美術館に押されて知名度は低いものの、訪れた際の満足度はピカ一、そんな隠れた穴場がこのカルナヴァレ美術館です。またの名を「パリ歴史博物館」といい、歴史に関する美術品を多数展示しています。特にフランス革命のコーナーは、人権宣言やバスティーユ襲撃場面などの教科書で見たような絵画が数多く並んでおり、歴史好き、「ベルばら」好きならきっと満足できるでしょう。入館料が無料なのも嬉しい点です。

P1120553
societas(ソキエタス)とは「社交」「仲間」「組合」などの意味を持つラテン語の単語です。転じて「社会」という意味の英単語society(ソサエティ)が生まれました。当サイトでは、社会を今までとは少しだけ違った視点から見るために、歴史や文化、音楽、美術などといったトピックのニュース記事を世界各地より公開していきます。

当サイトはリンクフリーです。文章等コンテンツの無断転載はご遠慮願います。お問い合わせはsocietas1789@gmail.comまでお寄せ下さい。なお迷惑メールの送信はお断りします。

↑このページのトップヘ