19世紀フランスの社会思想について学ぶなら「サン=シモン主義」を避けて通るわけにはいかない。社会主義、科学主義、実証主義、経済学など、世紀後半に花開く多くの思想をサン=シモン主義が胚胎したからである。

サン=シモン(本名クロード=アンリ・ド・ルヴロワ)が1825年に死ぬと、弟子たちはサン=シモンの思想の体系化および布教につとめた。サン=シモンの死の直前、最後の秘書となったユダヤ人銀行家のオランド・ロドリグが活動の中核を担った。

そうした中、頭角を現すのがバルテルミ=プロスペル・アンファンタンである。アンファンタンは1796年2月、パリの裕福な銀行家の子として生を受けた。理系の名門校であるエコール・ポリテクニクに進学したが、在学中に父を失い、授業料の納入困難から退学、ヨーロッパ各地を転々とし、実業家への道を歩み始める。

アンファンタンがサン=シモンの著作に触れたのはこのときである。アンファンタンはサン=シモンの弟子たちが結成した教団に入り、「至高の父」としてサンタマン・バザールとともに二頭体制で教団を指導する。

ところがサン=シモンの教義の解釈をめぐり両者は対立する。女性解放をとなえるアンファンタンによる自由恋愛の主張を、バザールは受け入れられなかった。バザールは私生児だった。結局バザールは教団を脱退し、アンファンタンは唯一の「至高の父」となる。アンファンタンの指導の下で教団は独特な制服を採用し、パリ郊外のメニルモンタンで隠遁生活を送った。

警察は彼らの不審な行動を見逃さなかった。アンファンタンは風紀紊乱の罪で起訴され、サント・ペラジ獄に収監された。

数カ月の後に出獄を許されると、アンファンタンは東方へ向けて出港する。「至高の父」であった彼は、東西両洋の融和のためにオリエントへ「母」を探しに行ったのである。

結局この活動は失敗に終わる。帰国したアンファンタンは鉄道事業に身を捧げた。パリからリヨンを経由して地中海へ通じ、現在ではTGVも走るPLM線は、アンファンタンの経営により七月王政下で実現したものである。

アンファンタンは1864年に没した。彼の名は実業家や技術者としてより、宗教者や狂信家として後世に記憶されることになった。確かにアンファンタンの思想にカルト的な要素を見出すことはできる。しかしながら、そうした宗教熱が鉄道をはじめとする19世紀フランスの土木事業や、オリエント地域における植民地建設を支えたこともまた事実なのである。

なお、アンファンタンの墓はパリ郊外のペール・ラシェーズ墓地に所在する。すぐ近くにサン=シモンの墓もあるので、興味のある読者は観光コースに組み入れてみてはいかがだろうか?

 

やらなければいけない課題があるのにtwitterで遊んでしまう…そんな経験は誰にでもあるはずだ。そんな声を反映してか、twitterには原稿催促・作業催促を目的としたbotが複数存在する。今回はそんなbotの中から特につぶやきが秀逸なものを5点選んで紹介する。〆切を抱えた読者の役に立てば幸いである。

「原稿しろ」bot

「卒論しろ」bot



「作業しろ」bot


「〆切厳守」bot


シャーロック原稿しろbot


核兵器は第二次大戦末期に開発され、冷戦中を通して世界中を恐怖に陥れた。その様子は『映像の世紀』第8集「恐怖の中の平和」に詳しい。

そんな冷戦中の核実験を視覚化したタイムラプス動画が2003年に公開され、大きな話題を集めた。日本人アーティストの橋本公氏によるものだ。



いかがだっただろうか。15分近くの動画にもかかわらず人を引き付ける力があり、思わず最後まで見てしまったという読者も多いはずだ。

動画では、史上初の原子爆弾である米国アラモゴードにおける核実験から、日本に落とされた2発の原爆、そして冷戦中に各国がしのぎを削った大量の核実験が、連続する無機質な点滅と機械音によって表現されている。

動画の作者である橋本公氏は1959年、熊本県生れ。明治大学商学部を卒業後、銀行員として17年間勤務。2001年に武蔵野美術大学に入学し、卒業設計としてこの作品を手がけた。 2001年に米国で発生した同時多発テロ、そして内戦終了後間もないカンボジアへ旅行した経験が、橋本氏にこの作品の着想を与えたという。

動画は公開後、大きな反響を呼んだ。言葉を使わずに表現されたこの作品は、世界中の人びとの心に訴えかけたのである。国や時代を超えた普遍的な価値をもつこの動画、ぜひ多くの人に知っていただきたい作品である。

 

英国の大学評価機関であるQS社(Quacquarelli Symonds)の世界大学ランキング最新版(2014/15年)が発表された。THE(Times Higher Education)のランキングと並んで世界的に有名な大学評価の指標である。首位から10位までの大学と所在国は以下の通り。

1 マサチューセッツ工科大学(米国)
2 ケンブリッジ大学(英国)
3 インペリアル・カレッジ・ロンドン(英国)
4 ハーバード大学(米国)
5 オックスフォード大学(英国)
5 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(英国)
7 スタンフォード大学(米国)
8 カリフォルニア工科大学(米国)
9 プリンストン大学(米国)
10 イェール大学(米国)

ランキング上位を占めているのは軒並み英米の大学である。一部では評価基準が英語圏に有利ではないかという声もあるため、ランキングへの過信は禁物だろう。
ちなみに、日本からは以下の5大学が100位以内にランキングしている。

31 東京大学
36 京都大学
55 大阪大学
68 東京工業大学
71 東北大学

アジアからは他にシンガポール国立大学が22位にランクインしているほか、香港大学28位、ソウル大学校31位などとなっている。経済成長を遂げたアジア諸国の積極的な教育投資が効果をあげる結果となった。

source: topuniversities.com

これから卒論を各大学4年生にとって、まず最初の難関はテーマ選びだろう。多くの大学では、まず各種研究入門を使ってテーマを探すよう指導される。確かに研究入門には最新の研究動向が分かりやすくまとめられているが、それだけで簡単にテーマが見つけられる学生は少ないだろう。

そこでヒントになるのが過去の卒論題目である。これを参照することで、自分の興味に近いテーマが歴史学の研究対象になり得るのか判断することが出来る。

大学によってはホームページ上で過去の卒論題目一覧を公開しているところもある。以下では代表的な大学の文学部西洋史学科の卒論テーマ一覧を掲載したwebサイトを紹介する。テーマ選びの参考になれば幸いである。

国公立大学

・東京大学(文学部歴史文化学科西洋史学専修)
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/seiyoshi/students/bachelor.html 

・京都大学(文学部歴史文化学専攻西洋史学専修)
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/european_history/eh-title/#卒業論文 

・大阪大学(文学部西洋史学研究室)
http://www.let.osaka-u.ac.jp/seiyousi/education-5.html

・九州大学(文学部西洋史学研究室)
http://www2.lit.kyushu-u.ac.jp/~his_west/thesis.html

・神戸大学(文学部西洋史学専修)
http://www.lit.kobe-u.ac.jp/seiyoshi/student.html

・信州大学(人文学部人文学科歴史学コース西洋史分野)
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/arts/course/we-history/2011/08/43928.html
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/arts/course/we-history/2007/11/24484.html

・広島大学(文学部歴史学コース西洋史学研究室)
http://home.hiroshima-u.ac.jp/~westhis/qhmpro/index.php?%E5%8D%92%E6%A5%AD%E8%AB%96%E6%96%87%E9%A1%8C%E7%9B%AE

・岡山大学(文学部西洋史学研究室)
http://www.okayama-u.ac.jp/user/seiyoshi/program.html#学部教育 

・京都府立大学(文学部歴史学科)
http://www2.kpu.ac.jp/letters/hist_studies/gra_thes.htm

・大阪教育大学(教養学科西洋史研究室)
http://www.osaka-kyoiku.ac.jp/~shakai/seiyosi/mokuroku.htm

・福岡教育大学(西洋史研究室)
http://www.fukuoka-edu.ac.jp/~tamaki/joyama/joyama.htm

私立大学

・早稲田大学(文学部西洋史コース)
http://www.waseda.jp/bun-seiyousi/bachelor.html 

・中央大学(文学部西洋史学専攻)
http://www2.chuo-u.ac.jp/seiyoshi/sotsuron2.html

・日本大学(日本大学文理学部史学科、土屋好古研究室)
http://www.chs.nihon-u.ac.jp/hist_dpt/YTHP/past_sotsuron.html

・立命館大学(文学部西洋史学専攻)
http://seiyoshi.wordpress.com/curriculum/undergraduate/thesis/

・奈良大学(文学部史学科)
http://www.nara-u.ac.jp/hist/s20/s20-03/s20-03-01.html

「ソシアビリテ」という用語は二宮宏之の手によって日本の歴史学界で知名度を得た。しかしこの言葉を歴史学に導入した近代史家モーリス・アギュロンのことは、わが国ではフランス史の専門家を除くとあまり知られていない。

モーリス・アギュロンは1926年12月20日、南仏ガール県に生まれた。1946年にリヨンの高校を卒業し、パリの高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリウール)へ入学。1950年に高等教員資格(アグレガシオン)を取得した。

同時にアギュロンはフランス共産党に入党し、政治活動に没頭する。マルクス主義者としてエルネスト・ラブルース教授の指導下で研究をつづけ、第二共和政下の南仏における社会運動について論文を発表した。

アギュロンの博論は1966年、「南仏的なる社会的結合関係(La Sociabilité méridionale)」という表題で出版された。人間同士が結びあう社交関係のあり方を意味する「ソシアビリテ(社会的結合関係)」という概念を歴史学に導入した記念碑的なこの論文で、アギュロンはアンシャン・レジーム下の南仏における悔悛苦行兄弟団とフリーメイソンという代表的なアソシアシオン(自発的社交結社)の活動を検討した。

1969年にはパリ大学ソルボンヌ校より国家博士号を取得。これによりマルセイユにあるプロヴァンス大学教授となった。72年にはパリ大学パンテオン=ソルボンヌ校教授、86年にはフランス知識人界の最高権威の一つであるコレージュ・ド・フランスの教授となった。

この間、アギュロンは政治文化史に接近する。フランス共和国の象徴「マリアンヌ」の表象をテーマに、『闘うマリアンヌ:1789~1880』(1979年)、『権力を握ったマリアンヌ:1880~1914』(1989年)、『マリアンヌの変容:1914~現代』の通称「マリアンヌ三部作」を上梓したのである。これをもってアギュロンは「アナール学派」のメンバーに位置づけられることもある。

アギュロンが生涯の最後に取り組んだテーマはシャルル・ド・ゴールである。アギュロンはよき共産主義者である前によき共和主義者であり、また愛国者だった。2014年5月28日死去。時代とともに生きた歴史家だった。アギュロンの遺したテーマは今もなおアクチュアルであり続けているのだ。

関連記事
人文社会科学研究のユートピア、社会科学高等研究院(EHESS)とは?  
時代考証はあのジャン・テュラール:1989年制作の超大作映画『フランス革命』とは?

TOWER RECORDSの広告ポスター「NO MUSIC, NO LIFE?」シリーズ最新作にロックバンドthe pillowsの3人が起用された。the pillows公式アカウントでは、さっそくポスターデザインが発表されている。


ポスターに掲載されたキャッチは「気軽に共感を求める時代/オレにはあまりピンとこないよ/共感を得なくても宝物になるのが音楽の真骨頂」 というボーカル山中さわおの言葉。世間に流されず自分を貫いてきた山中らしいフレーズだ。なお本デザインは2014年9月から11月にかけて掲載される。

the pillowsは今年で結成25周年を迎える。記念グッズやイベントが目白押しで、ライブツアーを収録したDVD「Do You Remember The 2nd Movement?」が発売されたほか、9月16日にはニコ生で25時間放送が行われる。あわせてチェックされたい。

関連記事
・ the pillows結成25周年:ニコ生で記念番組配信決定!

「吉岡・堀米論争」と呼ばれる論争がある。歴史を学ぶことは役に立つのかをテーマとした昭和期の西洋史学の一大論争として現在まで語り継がれる論争である。

「役に立つ」そう主張したのは吉岡昭彦(1927~2001年)。専門は近代イギリス史、とりわけ経済史を専門とした。

吉岡は大塚久雄の比較経済史学の正統な後継者である。大塚久雄は二次大戦に敗れた日本社会の近代化の遅れを問題とし、理想的な人間類型たる「近代人のエートス」の実現を主張した。

高度成長を経て「もはや戦後ではない」とされた状況のなか、大塚史学は次第にアクチュアリティを失っていった。大塚の後継者たる吉岡は、近代社会の構造へと分析対象をシフトすることで、今なお歴史学は社会の役に立つことを示そうとした。吉岡は、歴史家はすべからく近代史を研究すべきであり、古代・中世の研究者は各1名ずつで十分だとまで主張した。

他方で、「役に立つ必要はない」と主張したのが堀米庸三(1913~1975年)である。専門は中世史。 『史学雑誌』の「回顧と展望」に掲載された「西洋史・総説」(『史学雑誌』69-5、1960年)において、堀米は自らの感性にもとづいて歴史を総合的に把握することを主張した。旧制高校の教養主義を体現する存在であった堀米にとって、歴史学は人文的な個性記述の学であり、社会の役に立つ前に個人的な人間形成の手段であった。

こうした堀米のヒューマニズムに違和感を表明したのが吉岡である。講座派マルクス主義者だった吉岡にとって、人間はいかに生きるべきかという問いは社会科学的思考なしには考えられなかった(吉岡昭彦「日本における西洋史研究について」『歴史評論』121、1960年)。

60年代に交わされた論争からすでに半世紀が経過した。だが、二人の問題意識は現在も新鮮さを失っていない。「吉岡・堀米論争」の詳細については近藤和彦『文明の表象 英国』や小田中直樹『歴史学のアポリア』に詳しい。あわせて参照されたい。

フランス革命を扱った作品は星の数ほど存在する。有名な『ベルサイユのばら』をはじめ、近年では佐藤賢一が大部の『小説フランス革命』を刊行している。

1989年に革命200周年を記念して制作された映画『フランス革命(La Révolution française)』という作品が存在する。前編・後編あわせて5時間を越える超大作である。

前編『輝ける日々(Les années lumière)』 は1789年の三部会招集に始まり、バスティーユ襲撃やヴェルサイユ行進などのエピソードが印象的に描かれた後、1792年8月10日の王権停止でクライマックスを迎える。

後編『恐るべき日々(Les années terribles)』 ではジャコバン山岳派の恐怖政治が描かれ、1794年テルミドール9日のロベスピエールの失脚で物語の幕が閉じる。

前編『輝ける日々』でメガホンを取ったのは日本でも知られるロベール・アンリコ監督。後編『恐るべき日々』はアメリカのリチャード・ヘフロン監督の手によるものだ。時代考証を行ったのはフランス近代史を専門とする大物歴史家のジャン・テュラール。専門家の間では『ナポレオン事典』などの刊行で知られており、本作『フランス革命』でも細部にわたる実証が見どころだ。

主題歌『自由賛歌』の作曲はトリュフォー作品やアラン・レネ『二十四時間の情事』などの音楽担当で知られるジョルジュ・ドルリュー。壮大な音楽は印象的な名場面を盛り上げてくれる。

なお残念ながらDVDは日本未発売である。日本語字幕も存在しないため、現状では海外amazonなどで検索するしかないのが悔やまれるところだ。フランス語の勉強も兼ねて視聴してみては?

「大学に入ったので専門的な歴史の勉強を始めたい!」「昔勉強した歴史をもう一度復習したい!」そんなニーズは多いはず。ですが、書店に行くと大量の本に囲まれてどれから読めばいいか分からない…そんな声に答えて本稿では定評ある西洋史の教科書を4つ厳選して紹介します。意欲ある読者の皆様のお役にたてば幸いです。

近藤和彦編『西洋世界の歴史』山川出版社、1999年

【版元による解説】歴史が大きく転換した今,気鋭の研究者が分担執筆により古代から現在まで,世界を視野に入れて,その歴史像を鮮やかに描き出す。



服部良久、山辺規子、南川高志編著『大学で学ぶ西洋史:古代・中世』ミネルヴァ書房、2006年
小山哲、山田史郎、杉本淑彦、上垣豊『大学で学ぶ西洋史:近現代』ミネルヴァ書房、2011年

【版元による解説】日本の西洋史学界の中核を担う世代の執筆陣が、最新の研究成果を踏まえて西洋の古代と中世の歴史を平易に解説する。



山本茂 、早川良弥、鈴木利章、藤縄謙三、野口洋二編『西洋の歴史:古代・中世編』ミネルヴァ書房、1988年
大下 尚一、服部 春彦、西川 正雄、望田 幸男編『西洋の歴史:近現代編』ミネルヴァ書房、1988年

【版元による解説】各節に「歴史の探究」欄を設け、より深い関心が育まれる構成にした。幅広い読者層への好個のテキスト。



中井義明、佐藤専次、渋谷聡、加藤克夫、小澤卓也編『教養のための西洋史入門』ミネルヴァ書房、2007年

【版元による解説】古代ギリシアから9・11同時多発テロまで、西洋史をこれから学ぶ人、教養を身につけたい人に平易に解説する。
 

↑このページのトップヘ