フランス革命を扱った作品は星の数ほど存在する。有名な『ベルサイユのばら』をはじめ、近年では佐藤賢一が大部の『小説フランス革命』を刊行している。

1989年に革命200周年を記念して制作された映画『フランス革命(La Révolution française)』という作品が存在する。前編・後編あわせて5時間を越える超大作である。

前編『輝ける日々(Les années lumière)』 は1789年の三部会招集に始まり、バスティーユ襲撃やヴェルサイユ行進などのエピソードが印象的に描かれた後、1792年8月10日の王権停止でクライマックスを迎える。

後編『恐るべき日々(Les années terribles)』 ではジャコバン山岳派の恐怖政治が描かれ、1794年テルミドール9日のロベスピエールの失脚で物語の幕が閉じる。

前編『輝ける日々』でメガホンを取ったのは日本でも知られるロベール・アンリコ監督。後編『恐るべき日々』はアメリカのリチャード・ヘフロン監督の手によるものだ。時代考証を行ったのはフランス近代史を専門とする大物歴史家のジャン・テュラール。専門家の間では『ナポレオン事典』などの刊行で知られており、本作『フランス革命』でも細部にわたる実証が見どころだ。

主題歌『自由賛歌』の作曲はトリュフォー作品やアラン・レネ『二十四時間の情事』などの音楽担当で知られるジョルジュ・ドルリュー。壮大な音楽は印象的な名場面を盛り上げてくれる。

なお残念ながらDVDは日本未発売である。日本語字幕も存在しないため、現状では海外amazonなどで検索するしかないのが悔やまれるところだ。フランス語の勉強も兼ねて視聴してみては?

「大学に入ったので専門的な歴史の勉強を始めたい!」「昔勉強した歴史をもう一度復習したい!」そんなニーズは多いはず。ですが、書店に行くと大量の本に囲まれてどれから読めばいいか分からない…そんな声に答えて本稿では定評ある西洋史の教科書を4つ厳選して紹介します。意欲ある読者の皆様のお役にたてば幸いです。

近藤和彦編『西洋世界の歴史』山川出版社、1999年

【版元による解説】歴史が大きく転換した今,気鋭の研究者が分担執筆により古代から現在まで,世界を視野に入れて,その歴史像を鮮やかに描き出す。



服部良久、山辺規子、南川高志編著『大学で学ぶ西洋史:古代・中世』ミネルヴァ書房、2006年
小山哲、山田史郎、杉本淑彦、上垣豊『大学で学ぶ西洋史:近現代』ミネルヴァ書房、2011年

【版元による解説】日本の西洋史学界の中核を担う世代の執筆陣が、最新の研究成果を踏まえて西洋の古代と中世の歴史を平易に解説する。



山本茂 、早川良弥、鈴木利章、藤縄謙三、野口洋二編『西洋の歴史:古代・中世編』ミネルヴァ書房、1988年
大下 尚一、服部 春彦、西川 正雄、望田 幸男編『西洋の歴史:近現代編』ミネルヴァ書房、1988年

【版元による解説】各節に「歴史の探究」欄を設け、より深い関心が育まれる構成にした。幅広い読者層への好個のテキスト。



中井義明、佐藤専次、渋谷聡、加藤克夫、小澤卓也編『教養のための西洋史入門』ミネルヴァ書房、2007年

【版元による解説】古代ギリシアから9・11同時多発テロまで、西洋史をこれから学ぶ人、教養を身につけたい人に平易に解説する。
 

2013年に発売されたゲーム『妖怪ウォッチ』が話題を集めている。今年1月にはアニメ化もされ、ますます人気が加速した。

そんな『妖怪ウォッチ』の人気キャラクターが「ジバニャン」だ。車に轢かれた猫が地縛霊となった妖怪なのだが、なかなか可愛らしい姿をしており小学生を中心に人気を集めている。

Twitterではさっそくジバニャンをネタに大喜利が繰り広げられている。いくつかピックアップしてみよう。






また、中には以下のようなコアなものもある。


ここまでくるともはや原形をとどめていない。さすがはTwitter民である。興味を持ったという読者はネタ合戦に参加してみては?
 

人気音楽バンドthe pillowsが今月16日で結成25周年を迎える。これを記念して9月15日(月・祝)22:00より、ニコニコ生放送にて特別番組「the pillows結成25周年『みんなでお祝いしよう!25時間特番』」が配信される。



特番はthe pillows結成25周年にちなんで、翌日16日(火)23:00までの25時間にわたって生放送が行われる。番組は15・16日の2部構成。前半15日は「the pillowsのMVやライブ、 カバー&ダンスコンテストの受賞作品などの特選映像」が主な内容となる。 またthe pillows25周年を祝したクイズが行われ、正解者から抽選でTシャツやタワーレコードとのコラボポスターなどの豪華賞品が当たるという。

後半16日にはthe pillowsの3人が生出演する。MCを怒髪天ボーカルの増子直純が務め、事前にyoutubeやニコニコ動画で募集していた「カバー&ダンスコンテスト」の優秀作品が発表されるなど、豪華ラインナップとなっている。豪華アーティストの25周年のお祝いコメントや、 the pillowsのアコースティックライブ披露なども行われる予定。

なお番組では、視聴者からのメールを募集している。内容は①25年間のthe pillowsに関する想い出②the pillowsメンバーへの質問の2点。生放送当日までに応募して番組に備えたい。

the pillows結成25周年「みんなでお祝いしよう!25時間特番」
2014/09/15(月)22:00開演
http://live.nicovideo.jp/watch/lv191279824

 

ゲーテ

プルースト

ヴァレリー

ワイルド

シェイクスピア

 カフカ

ドストエフスキー

エンデ

ノヴァーリス

ランボー

オマル・ハイヤーム

トルストイ

シェイクスピア

谷崎潤一郎

三島由紀夫

井上ひさし

宮沢健治

夢野久作

太宰治

北原白秋

澁澤龍彦

安部公房

新見南吉

芥川龍之介

梶井基次郎

中原中也

夏目漱石

坂口安吾

B1Or7IfCYAERMcZ
大学で社会科学について勉強した方なら「社会科学高等研究院(EHESS)」の名をどこかで聞いたことがあるだろう。だが、EHESSについて詳しく知っているという方は意外と少ないはずだ。デリダやブルデューなど名だたる研究者が所属したEHESS、一体どんな機関なのだろうか。

フランスの高等教育は通常の大学と、グランゼコールとよばれるエリート校の二本立てで行われていることで知られるが、EHESSはそのどちらにも属さず、グランデタブリスマンと呼ばれる独自の区分となる。グランデタブリスマンとは科学や文化の専門研究を行う、いわば大学院大学である。EHESSの他に、コレージュ・ド・フランスや国立自然史博物館などの研究機関が含まれている。

EHESSはもともと、高等研究実習院(EPHE)第6部門からスタートした。EPHEとはフランス第二帝政下、ナポレオン3世の公教育相であったヴィクトル・デュリュイの提案によって、1868年に創設された研究機関である。アカデミズムの壁を超えて、市民に対して開かれた研究教育機関たることを目標とした。

EPHEの第6部門は第二次大戦後の1947年、「アナール学派」の祖として知られる歴史家のリュシアン・フェーヴルによって創設された。フェーヴルは「歴史家よ、地理学者でありなさい。同じく法学者、社会学者、心理学者でありなさい」(『歴史のための闘い』)という言葉で知られるように、他の学問分野と協力することで歴史研究を豊かにすることを目指したのである。

フェーブルの後を継いで第2代部門長となったのは、『地中海』で知られる歴史家のフェルナン・ブローデルである。ブローデルの手腕により第6部門は設備を拡充させ、フランスの研究教育界におけるプレゼンスを高めていく。ラスパイユ通り沿いの「人間科学館」に校舎を得たのもブローデルの時代である。

第3代部門長は社会史の第一人者のジャック・ル・ゴフである。ル・ゴフは政府の干渉を嫌い、EPHEの一セクションに過ぎなかった第6部門をEHESSとして独立させた。 1975年だった。なお、EHESS成立の経緯は『ル・ゴフ自伝』に詳しい。以来、EHESSは世界的な学術シーンにおいて不動の地位を占め、共同研究に基づく革新的な成果を次々に発表してゆく。

ル・ゴフの後を継いだのは、フランス革命の修正主義者として知られるフランソワ・フュレであった。以降はマルク・オージェ(人類学者)など他の学問分野の院長も見られるものの、草創期に4代にわたって歴史家が院長を務めてきたEHESSにおいて、歴史学の占める地位は無視できないものがある。1960年代、まだこの研究機関がEPHEの一部門だった時代に留学へ赴いた二宮宏之は、後年次のように回想している。
戦後間もなく、「高等研究院」Ecole Pratique des Hautes-Etudesの第6部門(社会・経済部門)――この第6部門は、1975年他の部門から独立し、現在はEcole des Hautes Etudes en Sciences Socialesと呼ばれている――の責任者となりその再組織を委ねられた時、フェーヴルは、彼の理念を生かすべきもっともよき場を見出したと言ってよいのである。学部別の講座制度でがっちり固められていた大学から独立している、フランス独特のこの研究教育機関は、専門化した学問の縄張り争いからは全く自由に、歴史家と、社会学や人類学や人口学、言語学や宗教学や科学哲学の研究者との、有効な協働の場を設定することができたのであるから。
――「全体を見る眼と歴史家たち」『二宮宏之著作集1』岩波書店、2011年、5頁。
こうした理念にもとづき、EHESSでは歴史学のみならず、広く社会科学一般の共同研究が盛んである。話題を呼んだ『21世紀の資本』のトマ・ピケティや、2014年ノーベル経済学賞を受賞したジャン・ティロールもここで教えている。

近年、EHESSは日本研究の比重を拡大しており、2014年には日仏財団の理事長を務めるセバスチャン・ルシュバリエ准教授のイニシアティヴにより、「パリ日仏高等研究センター(仮称)」が設立される見通しである。人文社会科学研究のユートピアであるEHESSは、今後わが国にとっても、ますますプレゼンスが高まることになるだろう。
 

読者の中には、Twitterで次のようなネタを目撃した方も多いだろう。


数日前よりタイムラインに表れるようになった「バイオゴリラ」。ネタの作者は@kta_k氏であり、以下のツイートが初出である。


バイオゴリラの設定は以下の通り。


作者による公式bot(Bio_Gorilla_bot)では多くのネタが投稿されている。気に入った読者はさっそくフォローしてみては?






英米系メディアの『タイムズ』が毎年秋に発行する教育誌『タイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)』では、2004年より世界大学ランキングを発表している。独自の指標に基づくこの格付けは2013年で10回目を迎え、先日、公式Twitterにて以下のようなアナウンスが出された。
 


 
これによれば次回のランキング発表は今年(2014年)の10月1日とのこと。全世界の教育界の注目が集まる。
 
ちなみに昨年度(2013-2014年)のランキング上位校とその所在国は以下の通り。
 
(1)カリフォルニア工科大学(アメリカ)
(2)ハーヴァード大学(アメリカ)
(3)オックスフォード大学(イギリス)
(4)スタンフォード大学(アメリカ)
(5)マサチューセッツ工科大学(アメリカ)
(6)プリンストン大学(アメリカ)
(7)ケンブリッジ大学(イギリス)
(8)カリフォルニア大学バークレー校(アメリカ)
(9)シカゴ大学(アメリカ)
(10)インペリアル・カレッジ・ロンドン(イギリス)
 
このほか、日本からは東大が23位、京大が52位にランクインしている。上位10校に米英系の大学が軒並み名を連ねていることからも分かる通り、非英語圏には不利な指標となっている。EUやアジアの大学は有名校にもかかわらず低い順位にとどまっている場合もあるため、順位の過信は禁物と言えるだろう。
 
なおTHEの公式webサイトからは学部別のランキングなども閲覧することができる。

先ほど発表された情報によると、20日に放映されたドラマ「警視庁捜査一課9係」(テレ朝)、「ST 赤と白の捜査ファイル」(日テレ)、「若者たち2014」(フジ)の最新話が軒並み最低視聴率を更新した。

テレビ朝日系列の「警視庁捜査一課9係」(主演=渡瀬恒彦)はこれまで11.9%、13.0%、10.5%、13.0%、10.4%、11.4%と視聴率を推移させてきたが、最新第7話の視聴率は9.0%と過去最低を記録した。

日本テレビ系列「ST 赤と白の捜査ファイル」(主演=藤原竜也、岡田将生)の視聴率は第1話の13.6%を最高値として、その後11.4%、13.1%、12.6%、9.8%と推移した。20日の最新第6話は、先週と同じ9.8%とこれも最低値を記録した。

フジテレビ系列「若者たち2014」(主演=妻夫木聡)は初回12.7%を記録して以来、7.8%、7.8%、7.3%、6.8%と一ケタ台で推移してきたが、最新第6話の視聴率は過去最低の6.1%だった。

とは言うものの、いずれの番組も今後物語は佳境に入ってゆくため、視聴率の回復が期待される。今後も視聴率の推移から目が離せない。

↑このページのトップヘ