10月30日付の米紙「ニューヨーク・タイムズ」に、経済学者ポール・クルーグマンが「日本への謝罪(Apologizing to Japan)」と題する論説記事を寄稿した。



ポール・クルーグマン(Paul Krugman)は2008年ノーベル賞を受賞した経済学者。バブル崩壊後の日本におけるデフレ不況を論じ、政府や日銀の対応の遅さを繰り返し批判してきた。

ところが論説記事で、クルーグマンは「最近、私は謝罪しけなればならないとしばしば感じるようになった」と告白する。一体何が起こったのだろうか?

記事中でクルーグマンは、サブプライムローン問題以後の欧米における金融危機への対応の誤りを指摘。日本の失敗を反面教師としなかったとして批判している。

クルーグマンは日本について、財政支出と通貨政策の二点に絞って批判を行う。前者については96年以降、公共投資を減らす一方で増税を続けたこと、後者については日銀によるデフレ誘導の遅れと初動における金利引き上げ、これらの要因が日本の不況を長引かせたというのだ。

ニューヨーク・タイムズの記事は「いま日本で起こっていることについて、私はじき別の記事を書くだろう。それは西洋諸国が学ぶべき新たな教訓である」として結ばれる。事実、クルーグマンは安部政権による消費税増税を繰り返し批判している。日本への批判を撤回したわけではなく、日本の失敗から学ばなかった欧米諸国を批判しているのである。それはわれわれ日本人にとっての教訓でもあるだろう。クルーグマンが今後発表する論考から目が離せない。



source: nytimes.com

目黒区にある東京大学駒場博物館で10月18日より「ロベルト・ユンクと原爆の記憶 越境するヒロシマ」展が開催されている。

ロベルト・ユンクはドイツ出身のユダヤ系ジャーナリスト。1913年ベルリンに生まれたが、ナチ政権成立を機にパリへ亡命、第二次大戦中は反ナチス運動(レジスタンス)に携わった。

戦後は米国に渡り、そこで核実験の実態を目の当たりにする。平和と人類の未来に対する脅威を感じたユンクは広島を訪問し、被害の実情を世界に伝える活動を行った。折鶴を掲げる原爆の子の像のモデルになった佐々木禎子の生涯が世界に伝わるきっかけを作ったのもユンクである。

今回の駒場博物館における展示は、そんなユンクの半生をたどる展示を行う。関連イベントとして、以下の行事が行われる。

高校生のための金曜特別講座
「アウシュビッツからヒロシマ・ナガサキへ」 
講師:石田勇治(東京大学総合文化研究科教授)
日時:11月7日(金) 17:30~
会場:東京大学駒場Iキャンパス 18号館ホール 

駒場祭連携企画シンポジウム
「越境するヒロシマ-ロベルト・ユンクと原爆の記憶」
会場:東京大学駒場I キャンパスKOMCEE レクチャーホール
日時:2014 年11 月23 日(日)13:00~16:30
パネリスト:石田勇治(東京大学教授)、若尾祐司(名古屋大学名誉教授)、 川口悠子(法政大学講師)、竹本真希子(広島市立大学講師)、 マイク・ヘンドリク・シュプロッテ(ドイツ・ハレ大学講師) 

ギャラリートーク
会場:東京大学駒場I キャンパス駒場博物館1F 展示室
時間:各回とも14:00~
2014 年10 月25 日(土)、川口悠子(法政大学理工学部専任講師)
「『ヒロシマ』を個人史から読み解く:米国留学が可能にした被爆者救援」
2014年11 月1 日(土)、柳原伸洋(東海大学文学部専任講師)
「〈未来〉はまだ終わってない 原爆と空爆をつなぐ想像と思考の実験」
2014年11 月8 日(土)、猪狩弘美 (東京大学大学院総合文化研究科特任研究員)
「惨禍の体験とその後の苦難 ホロコースト生存者たちのたどった運命」
2014年11 月15 日(土)、竹本真希子(広島市立大学広島平和研究所講師)
「ロベルト・ユンクが日本で見たもの」  

なお入場はいずれも無料。展示や研究者の解説を通じて、知られざる平和運動家の軌跡をたどりたい。



「ロベルト・ユンクと原爆の記憶 越境するヒロシマ」

会場:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部 駒場博物館 1階展示室
会期:2014年10月18日(土)~12月7日(日)
開館時間:10:00~18:00 (入館は17:30まで)
休館日:火曜日 
http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/exihibition.html



関連記事:
【動画】冷戦中に行われた核実験を視覚化した衝撃的なアートワーク

パリでは現在、10月より始まったオルセー美術館の「サド展」が話題を集めているが、同様の展覧会が11月6日より開始される。ピナコテーク・ド・パリによる「芸者の時代における春画」展である。

ピナコテーク・ド・パリは2007年にオープンしたばかりの新しい美術館。マドレーヌ寺院に面した地区に所在しており、伝統的な題材をモダンな様式で展示する試みを特徴とする。

今回の展示は「東洋における芸術とエロティシズム」というテーマの一環として企画されたもの。江戸時代の町人の間で親しまれた浮世絵が展示のメインとなる。「日本美術における禁じられた名作」という副題が付けられており、開国後、秘かにフランスへ持ち込まれた春画・美人画を中心として200点以上が展示されるという。

パリでは先述の「サド展」のほか、グラン・パレで「葛飾北斎展」も開催されている。あわせて足を運べば、浮世絵とエロティシズムの世界を垣間見ることができるだろう。

なお、ピナコテーク・ド・パリでは春画展と同時開催で「カーマ・スートラ」展も企画している。カーマ・スートラとは古代インドの性愛論書で、ヒンドゥー教の聖典の一つとなっている。こちらもあわせてチェックしたい。以下ではプロモーション映像・開館時間など基本情報を掲載する。





「芸者の時代における春画:日本美術における禁じられた名作」展
L'ART DE L'AMOUR AU TEMPS DES GEISHAS: Les chefs-d'oeuvre interdits de l'art japonais
場所:Pinacothèque 1 de Paris
所在地:28 Place de la Madeleine 75008 Paris
料金:13ユーロ(割引11ユーロ)
会期:2014年11月6日~2015年2月15日
開館時間:月木土日10:30~18:30、水金10:30~20:30

フランス東部、スイスと国境を接する地域にあるフランシュ=コンテ地域圏。この地域の主要都市が、ドゥー川中腹に位置するブザンソンだ。文豪ユゴー、思想家プルードンやフーリエの生まれた地として知られるほか、日本人関連では若き小澤征爾がブザンソン国際指揮者コンクールで優勝、建築家の隈研吾がブザンソン芸術文化センターを手掛けている。

そんなブザンソンにある世界的に有名な語学学校が「応用言語学センター(Centre de Linguistique Appliquée)」だ。略称は「セラ(CLA)」フランシュ=コンテ大学付属の言語研究・教育施設で、1958年創設と長い歴史を持っている。

CLAの一番の目玉は外国人向けのフランス語講座(Français langue étrangère)である。コースは主に、1か月間にわたって週25時間の講座を受講する短期集中コースと、一年間を通して週15時間を受講する通年コースがある。他にDELF/DALF対策の講座も開講されている。

CLAの授業の特徴的なものとして、金曜日の小旅行がある。画家クールベゆかりの地オルナンや、医師パストゥールが生まれた村ドルなどにバスで赴き、現地で生きたフランス語が学べるというわけだ。他に週末に有料でリヨンやストラスブールへのバスツアーも用意されている。

CLAは青山学院大学や関西学院大学をはじめ、日本のいくつかの大学と留学の提携を結んでいる。もちろん提携校でなくても個人による応募は可能だ。その場合、CLAの公式webサイトから自分でフォームを記入することになる。

以下の動画はCLA50周年に際するフランスのニュース特集である。ちなみにCLAの所在するフランシュ=コンテ地方はコンテチーズやジュラワイン、ヴァン・ジョーヌなどの食材で知られている。またブザンソンの周辺にはル・コルビュジェによるロンシャンの礼拝堂や、クロード=ニコラ・ルドゥーによるアルケスナン王立製塩所などの観光スポットもある。留学の際は勉強に加えて、地方ならではのグルメや観光も楽しみたいものだ。

 

Centre de Linguistique Appliquée(応用言語学センター)
所在地: 6 rue Gabriel Plançon 25000 Besançon
URL:http://cla.univ-fcomte.fr/index.php
 

バンクシー(Banksy)とはロンドンを中心に活動を行う覆面芸術家である。社会権力に対する風刺をテーマとしたアートをゲリラ的に公開するという特異な手法で知られる。彼の代表作の一つである花束を持ったテロリストのイラストを見たことがある方は少なくないだろう。



そんなバンクシーの作品の中でもよく知られているものに、人気アニメThe Simpsons(シンプソンズ)のオープニング映像のパロディがある。以下のようなものである。



いかがだっただろうか。 動画の前半は実際の公式オープニングとほぼ同じだが、後半からバンクシーならではのブラックユーモアがちりばめられた作品となっている。

これはアニメーションの下請けを担う中国の制作会社を風刺したものだ。女性や子供が劣悪な労働環境で作業を強いられる様は見ていて背筋が寒くなる。こうした犠牲の上に先進国のアニメーションが成り立っていることをバンクシーは訴えかけているのだ。我々に何かを考えさせずにはいない、バンクシーの才能が発揮された作品だと言えるだろう。

APOD (Astronomy Picture of the Day) というwebサイトをご存知だろうか? APODはNASAとミシガン工科大学が共同で運営する画像サイトで、主に高性能の望遠鏡で撮影された天体写真を、専門家による解説付きで一日一枚アップロードしている。

APODの取り上げる天体写真はどれも本当に美しいものばかりで、宇宙・天文好きにはファンも多い。公式Twitterアカウントは2014年10月現在、87万ものフォロワーを有している。試に一つAPODの画像を紹介しよう。


いかがだろうか。色鮮やかな星雲の写真は、まさに大宇宙の神秘を感じさせてくれる。APODのTwitterアカウントをフォローしておけば、一日一枚このような画像が送られてくるのだ。

APODは他にfacebookアカウントも持っている。公式サイトは英語だが、有志による日本語版も存在する。サイエンスに興味があるという読者は頻繁にチェックしてみてはいかがだろうか。

関連記事

【宇宙ヤバイ】カッシーニが撮影した土星の画像を編集した美しすぎる映像 

私たちの周りには海外からの移民が多く住んでいる。コンビニやファーストフード店に行けばアルバイトで働いている外国人をよく見かけるし、大学に行けば留学生が教室内に一人か二人は必ずいる。

日本国内に占める外国人の割合はどれくらいなのか? 少し予想してみてほしい。実はこれに関して、一つの興味深いデータが存在するのだ。


英ガーディアン紙が示した上のグラフによれば、日本国内に占める移民の割合は2%に過ぎない。あなたの予想は当たっていただろうか。もう少し多く見積もった人も多いはずである。調査によれば、日本人の平均回答は10%だったという。実態の5倍という驚くべき結果だ。

面白いことに、国内に占める外国人の割合を多く見積もる傾向にあるのは日本人だけではない。グラフによれば、調査を行ったすべての国で実態よりも多い回答が得られたという。

私たちが少数派を認識するとき、しばしばその存在を大きめに見積もってしまうものである。笑い話で済ませればよいのだが、それが排外主義と結びついてきたことは歴史が証明している。19/20世紀転換期には欧米で「黄禍論(Yellow peril)」が叫ばれ、日本人を含むアジア系移民が排斥された。関東大震災では少なくない数の在日朝鮮人が流言によって殺害された。

今回の調査は、私たちに興味深い事実を気づかせてくれた。上のリンクからは他にも複数の調査結果を見ることができる。多くの予想が実態とかけ離れているという事実に驚かされるはずだ。

建築に関心があるならル・コルビュジェの名前を知らない人はいないだろう。スイス生まれ、フランスで活躍したこの建築家は、「ロンシャン礼拝堂」や「輝く都市」などの建築作品に加え、ソファ「LC」シリーズのデザイナーとしても知られている。また都市計画にも携わるなど思想家としての側面も持ち、著書『建築をめざして』の中で表明された「住宅は住むための機械である」という言葉はあまりに有名である。



そんなル・コルビュジェの作品は世界各地で見ることができる。日本でも東京・国立西洋美術館は彼の設計によるものだ。

ル・コルビュジェの作品が最も集中している国はフランスである。中でもパリは彼が活動の拠点としただけに、市内の至る所で彼の作品を見ることができる。

本エントリではパリとその近郊で見ることができるル・コルビュジェ作品をリストアップした。Google Mapへのリンクも付したので、これから見学へ行くという読者の参考になれば幸いである。

1. オザンファンのアトリエ(Atelier Ozenfant)
住所:53 avenue Reille 75014 Paris 
最寄駅:Porte d'Orleans
近くのスポット:モンスリ公園
地図: 


2. プラネクス邸(Maison Planeix)
住所:24bis boulevard Massena 75013 Paris
最寄駅:Porte d'Ivry
近くのスポット:ビブリオテーク・ナショナル、グラン・デクラン
地図:  


3. 救世軍人民院(Annexe du Palais du Peuple, L'Armee du Salut)
住所:29 rue des Cordelieres 75013 Paris
最寄駅:Les Gobelins, Corvisart
近くのスポット:パリ天文台、グラン・デクラン
地図:  


4. 救世軍船上収容所(Aisle Flottant, L'Armee du Salut)
住所:Quai d'Austerlitz 75013 Paris
最寄駅:Austerlitz
近くのスポット:パリ植物園
地図:   


5. 救世軍難民院(Cité de Refuge, L'Armee du Salut)
住所:39-41 rue du Chevaleret 75013 Paris
最寄駅:Porte d'ivry
近くのスポット:ビブリオテーク・ナショナル
地図:  


6. 国際学生都市スイス館・ブラジル館(Pavillon Suisse / Maison du Bresil)
住所:7 boulevard Jourdan 75014 Paris
最寄駅:Cité universitaire
近くのスポット:モンスリ公園、国際学生都市日本館
地図:  


7. ラ・ロッシュ・ジャンヌレ邸(Maisons La Roche-Jeanneret)
住所:8-10 square du docteur Blanche 75016 Paris
最寄駅:Jasmin
近くのスポット:ブローニュの森、マルモッタン美術館
地図:  


8. ナンジュセール・エ・コリ通りのアパート(Immeuble Nungesser-et-Coli)
住所:24 rue Nungesser et Coli 75016 Paris
最寄駅:Michel-Ange Molitor
地図:   


9. サヴォワ邸(Villa Savoye)
住所:82 chemin de Villiers 78300 Poissy
最寄駅:Poissy
地図:   




source: taisei.co.jp

フランス社会科学高等研究院(EHESS)では現在、日仏高等研究センター設立に向けて研究者同士の交流が盛んとなっている。日仏財団のセバスチャン・ルシュバリエ理事長を中心に、プロジェクトが急速に進められているのだ。

そうした研究者交流の一環として 11月より、東京大学総合文化研究科の三浦篤教授がパリへ招かれ、一カ月にわたって連続公演を行う。プログラムの詳細は以下の通り。
Mercredi 12 Nov 2014 de 15h à 17h
«Les peintres japonais à Paris entre 1878 et 1914»
dans le cadre du séminaire d'Eric MICHAUD «Figures de l’homme nouveau, entre révolution et conservatisme (XIXe-XXIe siècles)»
Lieu : EHESS (105 bd Raspail 75006 Paris), salle 2

Jeudi 13 Nov 2014 de 9h à 12h
«Assimilation et diffusion réciproques des cultures française et japonaise à l'époque moderne et contemporaine» 
avec les interventions de Yoko TSUCHIYAMA (EHESS), de Léa SAINT-RAYMOND(ENS), de Deborah LEVY (Paris 8) et de Sabine PASDELOU (Paris 10)
Lieu : EHESS (190 av de France 75013 Paris), salle 662 (6ème étage)

Mercredi 19 Nov 2014 de 18h à 20h
«Les modalités de l'écriture dans la peinture française de la seconde moitié du XIXe siècle - sous rapport de l'art japonais et du japonisme»
Conférence organisée par la Fondation France- Japon de l’EHESS. 
Discutante : Béatrice FRAENKEL (EHESS)
Lieu : EHESS (190 av de France 75013 Paris), salle 640 (6ème étage)

JEUDI 20 Nov 2014 de 11h à 13h
«Raphaël Collin, entre le Japonisme et la peinture japonaise moderne»
dans le cadre du séminaire de Brigitte DERLON «Art et appropriation : bilan anthropologique»
Lieu : EHESS (105 bd Raspail 75006 Paris), salle 8 
三浦篤教授はフランスを中心とした西洋近代美術史の第一人者。『まなざしのレッスン1 西洋伝統絵画』などの入門書も手がけている。

そんな三浦教授が今回EHESSに招かれたのには理由がある。従来、EHESSにおける日本研究は経済部門が中心で、昭和期の高度経済成長の要因などといった点に注目が当てられてきた。しかしながら、今後は社会経済のみならず、人文・芸術分野における研究者交流をより盛んにしたいとの考えから今回の招聘が実現したのだ。

なお席数には限りがあるため、連続講義への参加は ffj@ehess.fr へ事前にメールを送る必要があるとのこと。詳しくは日仏財団の公式サイトをチェックされたい。



source: ffj.ehess.fr

パリの交通手段といえばメトロ(地下鉄)が有名だが、近年注目を集めているものにレンタサイクル「Velib'」(ヴェリブ)がある。

ヴェリブはパリ市が運営する貸自転車で、利用料を支払えば一回30分まで無料で乗ることができる。ストライキ等でメトロが使えないときなどに重宝する交通手段として、近年パリ市民や観光客の注目を集めている。

通常の観光なら一日券や一週間券で十分なのだが、パリに長く滞在するとなると年間パスがあった方がよい。しかし利用者登録の仕組みはなかなか複雑なので、以下で年間パス購入方法を紹介する。パリ在住の読者の参考になれば幸いである。

ステップ1:カードを入手する

まず最初にすることは利用者カードの入手である。カードは区役所などで無料配布しており、場所は以下の地図に記載してある。また郵送で入手することもでき、詳しくは公式サイト(http://www.velib.paris.fr)を参照されたい。



ステップ2:公式サイトで登録する

次にすることはヴェリブ公式サイト(http://www.velib.paris.fr)における利用者登録である。トップページの左側にある「M'abonner」の欄から登録できる。年間29ユーロの通常版の他に、39ユーロで45分まで無料となる「Vélib' Passion」、また各種割引プランが選択できる。個人情報・クレジットカード情報を記入して登録料の支払いが済めば、登録完了だ。

登録後、「登録番号(Numéro d'abonné)」「アクティブ化コード(Code d'activation)」「暗証番号(Code secret)」の3つが発行されるので、メモしておこう。

ステップ3:ステーション(ボルヌ)でアクティブ化する

ステップ1で入手したカードと、ステップ2で発行された3つの番号を使って、自転車が停まっているステーション(ボルヌ)の機械でカードをアクティブ化すれば、登録完了だ。機械の指示に従って登録作業を進めればよい。詳しいやり方はヴェリブの公式ブログを参照のこと。登録が完了すれば、次回以降はカードを機械にかざすだけで自転車を取り出すことができる。交通ルールに注意して、パリ市内のサイクリングを 楽しんでほしい。

↑このページのトップヘ