2020年東京オリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の今後について、議論が沸騰している。事の発端は、コンペ(設計競技)に入選したザハ・ハディドによるプランが当初の予算では実現不可能だと判明したことにあった。あまりに奇抜なデザインであったために、安全性の確保などの問題を解決するために莫大な予算が必要とされたのである。

こうした事態に対し、槇文彦をはじめとした日本を代表する建築家らが一斉に反対。その結果、当初の案を大幅に縮小した形で新たな修正案が発表された。こじんまりとした何とも見栄えのしないデザインである。ところが、この修正案でもなお当初の予算をオーバーすることが明らかとなったのだ。

これを受けて、世界的建築家である磯崎新が5日、この問題に関する意見書をマスコミ各社へ送付した。ここでは、新国立競技場を「粗大ゴミ」と表現するなど、激しいトーンでの批判が行われた。一体なぜ磯崎はこれほどまでに過激な主張を行ったのだろうか。

磯崎新は新国立競技場について「将来の東京は巨大な「粗大ゴミ」を抱え込むことになる」 として激しく批判する。この部分だけ読むなら、ザハ・ハディドの荒唐無稽なプランに対する批判のように思える。しかし意見書の冒頭を読むと、「21世紀の都市的施設として、運動競技のスピード感を呼び起こす、優れたイメージをあらわすデザイン」であるとしてザハを肯定的に評価していることが分かる。

磯崎が真に問題としたかったのは、コンペ当選後の幾度にもわたるプラン修正の過程に他ならない。磯崎は修正案を評し、「当初のダイナミズムが失せ、まるで列島の水没を待つ亀のような鈍重な姿」になってしまったと手厳しい。

磯崎の主張の核心は、次の3点にある。すなわち(A)オリンピック後を見据えた持続的な施設とすること(B)開会式は祝祭性を重視し、新国立競技場ではなく皇居二重橋で、マスメディアを結集して行うこと(C)コンペの審査結果を尊重すること、これである。

市民や景観を重視する(A)の主張や、祝祭性を重視する(B)の主張は、かつて都庁コンペでオリジナルな低層庁舎案を打ち出した磯崎らしい提言である。最後の(C)の主張に関しては留意が必要だ。当選した「案」なるものに固執するあまり、話し合いを重ねるうちに当初のプランにあった長所が忘れ去られてしまう危険性があるためである。

そこで磯崎は、 当選した「建築家」たるザハ・ハディド自身に、今一度設計のやり直しを提案することを主張する。磯崎の主張を一言で要約するなら、この箇所を引用するのが妥当であろう。磯崎はザハの能力を信頼する。今ある「プラン」をマイナーチェンジするよりは、ザハに一から設計をやり直してもらった方がはるかに良いと考えるのである。磯崎の主張するように国立競技場で開会式を行うことにこだわらないなら、実情に見合ったよりよいプランが打ち出せるであろう。ザハにはその能力がある、そう磯崎は主張しているのだ。

磯崎新は、かつて大分県立図書館の設計に携わった際、予算の都合から当初の案を幾度も修正することを余儀なくされた。業界の酸いも甘いも経験した建築家の言は重い。なお意見書の全文はarchitecturephoto.netで見ることができる。ぜひ熟読した上で、一人の日本人として今一度、国立競技場の今後について再考したい。

facebookが先日公開した最新の報告書によると、2014年上半期における各国の政府機関によるユーザー情報の要求回数は、前の期間に比べて24パーセントも増加したという。この事実は、facebookの保有する膨大なデータを政府機関といえども無視できない状況にあることを示している。

facebookが公開した情報を元に、statista.com が各国政府によるデータ要求回数の国別比較を行った。以下のグラフである。

Infographic: U.S. Authorities Like Facebook's User Data | Statista

グラフを見ると、米国が世界全体の44パーセントと圧倒的多数を占めていることが分かる。具体的にどの機関がデータを要求したのかまでは明らかにされていないが、合衆国政府がいかにfacebookユーザーの情報を重視しているかが如実に示されている。

2位以下はインド、ドイツ、フランスと続いている。インドが次点に付けたことは意外に思われるかもしれないが、今やインドのfacebookユーザー数は1億人を超え、世界第一位である。この膨大なデータに政府が目を付けたとしても不思議はないだろう。

なお、報告書によればfacebookは政府機関にデータを渡す前に入念なチェックを行っており、疑わしい要求は拒否していることを強調する。とはいうものの、普段何気なく使っているfacebookのデータが思わぬところで国家の手に渡っていることを私たちは認識しておくべきだろう。

source : statista.com

建築家・藤本壮介が米国の経済紙「ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)」による2014年度「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」の建築部門に選出された。自身のTwitterアカウントにはさっそく受賞を報告するツイートが投稿された。


藤本壮介は近年急速に注目度を高めている若手建築家。2000年、青森県立美術館設計コンペ次点を機に建築界へデビューし、近年では台湾タワー設計コンペ優勝(2011年)サーペンタイン・ギャラリー・パビリオン(2013年)など国際的に活動の場を広げている。独自の発想に裏打ちされた常識外れのデザインが世界中で評価されている。

今回の「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」受賞も、「未来的な空間表現」が評価されたものだ。同賞はファッション部門がフランスのニコラ・ジェスキエールに、アート部門がアメリカのカラ・ウォーカーに授与されるなど、どの部門も世界トップクラスの「イノベーター」が選出されている。今回の受賞で藤本壮介は建築家として世界的な評価を確固たるものにしたと言えよう。

藤本壮介は先日もパリのテュイルリー公園にてインスタレーション「Many Small Cubes」を行い、話題を呼んだ。世界各地で日々作品を発表し続ける藤本の今後から目が離せない。

「世界のキタノ」こと北野武監督の最新作「龍三と七人の子分たち」が来年4月25日に公開される運びとなった。前作「アウトレイジビヨンド」とは打って変わったコメディタッチの作風に加えて、72歳というキャストの平均年齢の高さが早くも話題を呼んでいる。



ソナチネ」「菊次郎の夏」などの作品で知られる北野武は、今や世界中の注目を集める日本を代表する映画監督のひとりである。そんな北野監督の17作目となる本作では「高齢」がメインテーマとなっている。

主人公の龍三はヤクザの元組長。引退して冴えない日々を送っていたが、ある日、若者による「オレオレ詐欺」に騙されてしまう。若い者に勝手な真似はさせておけねえと昔の子分を呼び寄せ、世直しのため立ち上がるというストーリーである。

注目のキャストだが、主人公である龍三を演じるのは藤竜也。北野監督作品初出演である。龍三の子分を演じるのは、近藤正臣、中尾彬、小野寺昭、品川徹、樋浦勉、伊藤幸純、吉澤健の7人。さらに北野監督自身も「ビートたけし」名義で出演するというサプライズ演出もある。

高齢化社会を象徴するかのごとく、キャストの平均年齢はなんと72歳。「ジジイ」のパワーが炸裂した本作は、老若男女問わず誰もが楽しめるエンターテインメント作品に仕上がっているという。以下は今回発表されたプロモーション映像である。来年4月の公開を楽しみに待ちたい。

 

nsygopjte4fiaoaqh0a9
ベルリンで11月7日より、8000個の風船を点灯させるナイトイベント「光の壁」(Lichtgrenze / Border of Light)が行われる。ベルリンの壁崩壊25周年を記念するもので、風船はかつてベルリンの壁があった場所に置かれるという。
hpw6mnw8yu9drb4tyxkk
「光の壁」はベルリン市内におよそ15kmにわたって設置され、かつての東西分断の象徴であるベルリンの壁を再現する。関連したガイド展示とあわせて、東西ベルリン分断の歴史を記憶に残そうという趣旨だ。
u1brxbstvybgyt4wmkbx
風船は7日より点灯が開始され、東ドイツ政府が東西の通行を許可した記念すべき日である11月9日、一斉に空へ放たれるという。日本人から見てもなかなか感動的な光景だが、分断の時代を生きたベルリン市民にとってはおそらく特別の感慨を生むのだろう。この時期にドイツを訪れるという読者はぜひチェックしたいイベントである。

 

カールスバーグといえばデンマークを代表するビールメーカー、のどごしの良いラガータイプで、ハイネケンとならんでヨーロッパを代表する銘柄として日本にも多くのファンを持つ。



そんなカールスバーグ、今回アイルランドにおけるPRキャンペーンで、大きな失敗をしてしまった。

事の発端は街頭広告に掲載された「1847年は史上最高の年(1847: Our best ever since date)」という文言だった。1847年はカールスバーグ創業の年。一見何の変哲もない広告文に見える。

ところが、広告を打った場所が問題だった。アイルランドで1847年は特別な意味をもつ年号だったのである。少し遡って1845年、アイルランドでは主食のジャガイモに疫病が蔓延し、重大な飢饉が発生した。飢饉はそれから4年間継続し、餓死や移民などでアイルランドの人口は半分近くまで減少した。1847年はアイルランドにとって、忘れられない悪夢の年だったのである。


上のツイートは英国北アイルランド・クイーンズ大学ベルファスト教授のピーター・グレイによるもの。「カールスバーグ社はPRにおいて歴史学者をアドバイザーとして雇うべきだった」と皮肉がきいている。

企業の海外進出に際して思わぬ文化や歴史の差に直面することは少なくない。今回の一件はそのことをあらためて私たちに教えてくれたと言えるだろう。

関連記事:
フランスの国民的ビール「クローネンブルグ(Kronenbourg)」とは?
 

北欧デザインといえば機能性とシンプルさが融合した洗練さで知られ、代表的な企業としてはインテリアのIKEAが有名だ。読者の中にも北欧デザインのファンだという方は多いだろう。

そんな北欧デザインの代表国、ノルウェーが先ほど、新しいデザインのパスポートを発表した。次のようなものである。


パスポートといえば権威的な色やデザインが普通だが、今回発表されたものはピンク・空色・白と三色のパステルカラーの表紙に、幾何学的なフィヨルドのイラストが描かれた査証ページと、およそパスポートらしくないデザインをしている。これだけでノルウェー国籍を取得したいなんていう読者も少なくないのでは?

ノルウェーといえば先日、同じく幾何学的なデザインの新ユーロ紙幣を公開したばかりである。こちらも「海」をテーマに、斬新でモダンなデザインを特徴としていた。公的な書類にこのようなデザインがなされるのはきわめて異例と言えるだろう。北欧デザインの今後から目が離せない。

フランス人は挨拶代わりにキスをする国民として有名である。ほおを軽く合わせ、口先で軽くチュッと音を立てるやり方で「ビズ(bise)」と呼ばれる。男女問わず親しい間柄で行われる挨拶で、メールの最後に「bise」などと書かれる場合もある。

ところでこの「ビズ」、一度では終わらず、二度三度連続して行われる場合がほとんどである。日本人からすると少しやり過ぎなようにも見える。最初にこの習慣に直面したときのとまどいは、漫画『パリ愛してるぜ~』『かかってこいパリ』(じゃんぽ~る西)などでコミカルに描かれている。



さて今回、英エコノミスト紙がフランス人の「ビズ」回数の平均を調査し、地域ごとの差を発表した。以下のインフォグラフがそれである。


これを見ると、北フランスでは4回、南フランスでは2回から3回と、地域差が顕著に表れる結果となった。ブルターニュの一部はわずか1回と全国最少である。

逆に一番多いのはナポレオン・ボナパルトの故郷コルシカ島で、なんと5回という調査結果だ。あのナポレオンも幼い時は親しい人と日々キスをしていたのだろうか?

こうしたフランス人の「ビズ」の習慣はイギリス人にとっても異文化のようで、リンク先では連続で行われる「ビズ」に直面したときのとまどいが率直に表現されている。今回の調査結果は、フランス人の性格をあらためて浮き彫りにしてくれたものと言えるのかもしれない。

スタンリー・キューブリック監督による『2001年宇宙の旅』は、映画ファンによるランキングでは今でも必ず上位にランクインする名作である。人類の進歩という壮大なテーマを問うたこの作品は、長年にわたって多くのSFファンの心を捉えてきた。

この物語の見どころの一つは、 スーパーコンピューター「HAL9000」が人間に対して反乱を起こす場面である。人間側の主人公デイヴ・ボーマンは自らの生存のため、HAL9000の電源をシャットダウンする=HALを殺害する道を選ぶ。以下はネタバレを含むのでご注意いただきたい。



結局、ボーマンは死闘の末、HALの電源を落とすことに成功する。モジュールを一本ずつ引き抜かれて意識が遠のく中、HALはチャンドラ博士によって開発されたこと、「デイジー」という歌を教わったことなどを反芻し、機能を停止する。映画史に名を残す屈指の名シーンである。



ところで、なぜ「デイジー」なのだろうか? この曲は正確には「デイジー・ベル(Daisy Bell)」という名前で、イングランドのポピュラー・ソングだ。一見何の変哲もない曲だが、このシーンでこの曲が選ばれたのにはれっきとした理由がある。

1961年、コンピューターが世界で初めて人工音声によって歌唱を行うことに成功した。「初音ミク」などで知られるボーカロイドの先駆といってよいだろう。このとき歌われた曲こそが「デイジー・ベル」。『2001年宇宙の旅』原作者のアーサー・C・クラークはコンピューターが実際に歌うのを聴いて驚き、この曲を映画の重要なシーンに挿入したというわけである。

ちなみに、世界で初めて歌を歌ったコンピューターは名前を「IBM7094」、クラークが聴いたのは同系列の「IBM704」という。IBMはHALを一字後ろにずらした名称なので、これがHALの名前の由来なのではないかと噂されている。(原作者本人は否定しているが…)

以下の動画では種明かしがされるとともに、実際のIBMコンピュータの音声を聴くことができる。



筆者はこの逸話を聴いたとき、長年の謎が解けたような気がした。映画『2001年宇宙の旅』が今なお、これほど多くの人に愛される理由も、こうした監督と原作者による入念な構成・ちりばめられたオマージュや小ネタにあるのではないだろうか。

10月30日付の米紙「ニューヨーク・タイムズ」に、経済学者ポール・クルーグマンが「日本への謝罪(Apologizing to Japan)」と題する論説記事を寄稿した。



ポール・クルーグマン(Paul Krugman)は2008年ノーベル賞を受賞した経済学者。バブル崩壊後の日本におけるデフレ不況を論じ、政府や日銀の対応の遅さを繰り返し批判してきた。

ところが論説記事で、クルーグマンは「最近、私は謝罪しけなればならないとしばしば感じるようになった」と告白する。一体何が起こったのだろうか?

記事中でクルーグマンは、サブプライムローン問題以後の欧米における金融危機への対応の誤りを指摘。日本の失敗を反面教師としなかったとして批判している。

クルーグマンは日本について、財政支出と通貨政策の二点に絞って批判を行う。前者については96年以降、公共投資を減らす一方で増税を続けたこと、後者については日銀によるデフレ誘導の遅れと初動における金利引き上げ、これらの要因が日本の不況を長引かせたというのだ。

ニューヨーク・タイムズの記事は「いま日本で起こっていることについて、私はじき別の記事を書くだろう。それは西洋諸国が学ぶべき新たな教訓である」として結ばれる。事実、クルーグマンは安部政権による消費税増税を繰り返し批判している。日本への批判を撤回したわけではなく、日本の失敗から学ばなかった欧米諸国を批判しているのである。それはわれわれ日本人にとっての教訓でもあるだろう。クルーグマンが今後発表する論考から目が離せない。



source: nytimes.com

↑このページのトップヘ