michel-polnareff

4日、ミシェル・ポルナレフがジョジョ3部のポルナレフについてツイートした。何を言っているのか分からねーと思うが、俺も何をされたのか分からなかった…

ミシェル・ポルナレフはフランスのシャンソン歌手。日本でも代表曲「シェリーに口づけ」 (Tout, tout pour ma chérie) が広く知られている。かつて2ch全盛期に空耳フラッシュが流行ったのを覚えている方も多いだろう。

『ジョジョの奇妙な冒険』第3部に登場するジャン=ピエール・ポルナレフは、そんなミシェル・ポルナレフの名前を借りたキャラクターだ。「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」というセリフでよく知られている。

6月4日、ミシェル・ポルナレフは自身のTwitter公式アカウントで以下のような投稿を行った。


アニメの画像に彼のトレードマークのサングラスをかぶせたクソコラだ。これにフランスのネット民は盛り上がり、ちょっとした「祭り」状態になっている。

なお、この出来事を報道したBFMTVの記事では、ガンダムの登場人物である「シャア・アズナブル」の元ネタがシャンソン歌手のシャルル・アズナブールであることにも触れられている。

フランスでは近年、「ジャパン・エキスポ」に象徴される通り、日本のサブカルチャーに対する注目が高まっている。本家のフランス革命研究者が「ベルサイユのばら」に言及するなど、その範囲は漫画、アニメと多岐に渡っている。我々日本人からすると複雑な気分だが嬉しいニュースだ。