間もなくファッションウィークが始まる北イタリアの大都市ミラノ。
そんなミラノの中心部に位置するMarchesi (マルケージ)1824は、ミラネーゼが誇る老舗カフェである。
marchesi1
マルケージは次の3店舗を展開している(2018年6月現在)

(1) Via Santa Maria Alla Porta 11/a, 20123, Milan, since 1824.(本店)
marchesi2
(2) Via Montenapoleone 9, 20121 Milan, since 2014. (モンテ・ナポレオーネ店)
marchesi3
(3) Galleria Vittorio Emanuele II | In Galleria da Prada, 20121 Milan, since 2016(ガレリア店)
marchesi4

ナポレオン失脚後、オーストリア帝国の支配下にあったミラノにて、1824年に製菓店として創業したマルケージ。
20世紀に入るとお菓子とともにコーヒーの提供も始め、本店は今日に至るまで194年もその場所でコーヒーとお菓子を提供し続けている。
marchesi5
marchesi6
しかしながら2014年3月、PRADAがマルケージを買収、9月にはモンテナポレオーネに2店舗目がオープン。
さらに2016年には、ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガレリア内のプラダ2階に3店舗目がオープン。
新しい店舗は、建築家ロベルト・バッチョッキがデザインした鮮やかなグリーンが基調の内装である。
marchesi7

マルケージ公式HPには、「プラダが買収」の記述はなく、新店舗オープンとのみ表記。
愛らしい店構えは、女性向けかと思いきや、ミラノのビジネスマン、家族連れそして観光客でどの店舗も連日賑わっている。
その中でも本店では、観光客よりも地元の人が多い印象。
marchesi8
因みに、本店では、コーヒー1杯1ユーロ、あとの新店舗では、コーヒー1杯1.3ユーロ。(共にカウンターでの立ち飲み料金)
コーヒーメニューの他、アルコール、サンドイッチ、一口サイズのケーキ、チョコレート、ジェラート、さらにはアフタヌーンティーセットなど充実している。

最後に、ダークグリーンの制服に真っ白のエプロンを身にまとったマルケージのバリスタやカメリエーレ(ウエイター)は、とても丁寧、物腰柔らかに接してくれる。
「マルケージに行きたい」と思わせる世界観を是非お勧めしたい。 

Marchesi 1824 公式HP:
※各店舗フリーWi-fiあり。

各店舗の案内:
(1) 本店 
 Via Santa Maria Alla Porta 11/a, 20123, Milan.
   月曜定休、メーデー5月1日休み
 火曜から土曜まで 7:30〜20:00
   日曜8:30〜13:00
(2) モンテ・ナポレオーネ店 
 Via Montenapoleone 9, 20121 Milan.
 地下鉄M3(黄色線) Monte Napoleone駅から徒歩5分 
 年中無休 7:30〜21:00
 (メーデー5月1日のみ20時までの営業)
(3) ガレリア店
 Galleria Vittorio Emanuele II | In Galleria da Prada, 20121 Milan. 
 地下鉄M3(黄色線) Duomo 駅から徒歩3分
 年中無休 7:30〜21:00
 (メーデー5月1日のみ20時までの営業)

(author: 増永菜生)