voter
日本時間23日15時(現地時間8時)、フランス大統領選挙の第一次投票が開始した。

BFMTV予想(最新)

マクロン24.0%(決選投票進出)
ルペン21.8%(決選投票進出)
フィヨン19.9%
メランション19.3%
アモン6.3%
デュポン=エニャン4.9%


フランス大統領選挙は2段階投票制を取っており、第一次投票で過半数の50%を超える得票率を得た候補者がいなかった場合、5月7日に上位2名による決選投票が行われる。

候補者一覧

カッコ内は所属政党・党派。上位6名の数字は最新の世論調査結果
  • エマニュエル・マクロン(中道「前進!」):24.5%
  • マリーヌ・ルペン(極右「国民戦線」):22.5%
  • フランソワ・フィヨン(右派「共和党」):19.5%
  • ジャン=リュック・メランション(極左「左翼党」):18.5%
  • ブノワ・アモン(左派「社会党」):7%
  • ニコラ・デュポン=エニャン(右派・ドゴール主義「立ち上がれフランス」):4%
  • ナタリー・アルトー(極左「労働闘争」)
  • フィリップ・プトゥ(極左「反資本主義新党」)
  • ジャック・シュミナード(「連帯と進歩」)
  • ジャン・ラサール(「抵抗しよう」)
  • フランソワ・アスリノー(「共和民衆連合」)

投開票速報(現地時間)

  • 08時00分:投票開始
  • 08時50分:ニコラ・デュポン=エニャン候補、かつて自身が市長をつとめたエソンヌ県イエールにて投票。候補者中最速。なおデュポン=エニャン候補は立候補も最速だった。
  • 09時10分:ナタリー・アルトー候補がセーヌ=サン=ドニ県パンタンで投票。
  • 09時50分:ブノワ・アモン社会党候補がイヴリーヌ県トラップで投票。主要5候補中で最速。なおアモン候補は現在急速に支持率低下中。メランションとキャラが被ったためか。
  • 10時00分:フランソワ・オランド大統領がコレーズ県チュールで投票。オランド大統領は早々に立候補辞退を表明したため現在急速に過去の人となりつつある。
  • 10時15分:フィリップ・プトゥ候補がジロンド県ボルドーで投票。労働運動出身のプトゥ候補は4日のテレビ討論に汚いTシャツで出演するなどのパフォーマンスで話題を集めているが、投票所には襟付きのワイシャツで現れた。しかし下はジーパンで、ワンパクそうな子供と一緒にカメラの前でポーズをとるなどサービス精神旺盛だった。
  • 10時20分:エマニュエル・マクロン候補がパ=ド=カレ県のトゥケで投票。最新の世論調査では支持率トップ。投票所では地元の市民に写メを撮られるなど大人気の模様。なお24歳年上の配偶者ブリジットと終始手を繋いでいた。
  • 11時00分:マリーヌ・ルペン候補がパ=ド=カレ県のエナン=ボーモンで投票。この人は絶対に大統領になってほしくない。
  • 11時00分:ジャック・シュミナード候補がパリで投票。
  • 11時00分:ブザンソンの投票所が不審車発見の為一時閉鎖される。
  • 11時10分:ジャン・ラサールがピレネー=アトランティック県ルルディオ=イシェールで投票。
  • 11時20分:マニュエル・ヴァルス元首相がエソンヌ県エヴリーで投票。投票先はおそらくマクロン候補であろう
  • 11時30分:フランソワ・フィヨン候補がパリ7区で投票。公費横領疑惑で一時失墜しかけたがいつのまにか支持率3位につけたしぶとい候補である。
  • 11時30分:ニコラ・サルコジ元大統領がパリで投票。すっかり過去の人になってしまった。
  • 11時55分:レミ・ガイヤールが投票
  • 12時00分:現時点での投票率は28.54%。内務省発表。なお2012年は28.29%、2007年は31.21%、2002年は21.40%だった。
  • 12時05分:ジャン=リュック・メランション候補がパリで投票し、全候補者が投票を済ます。同候補は影分身の術が使える模様
  • 16時05分:トランプ「フランスの選挙に興味津々だぜヒャッハー
  • 16時30分:ベルギー公共放送RTBFが独自調査結果を発表。12時までの時点でマクロン24%、ルペン22%、フィヨン20.5%、メランション18%。
  • 17時00分:現時点での投票率は69.42%。内務省発表。なお2012年は70.59%、2007年は73.87%、2002年は58.45%だった。放送局BFMTVは棄権率を20%と予想。
  • 19時00分:一部大都市を除く投票所で投票終了。
  • 19時05分:スノーデン「もう投票した?
  • 20時00分:投票終了。棄権率は23.80%
  • 20時00分:メディア各社が出口調査による開票予想を発表。BFMTV発表ではマクロン23.7%、ルペン22%、メランション19.5%、フィヨン19.5%、アモン6.5%。ル・モンドおよびFrance 24発表ではマクロン23.7%、ルペン21.7%。
  • 20時10分:アモン候補が記者会見を開始。「左翼は死なない」として闘争の継続を主張。マクロン支持を表明。
  • 20時40分:フィヨン候補が記者会見を実施。極右はフランスを分裂させるとしてマクロン支持を表明。
【情報随時更新】

photo: medias-presse.info