IMGP6836
13日、2015年11月に発生したパリ同時多発テロ事件から一年が経ったことを受けて、事件現場で追悼式典が行われた。

事件は2015年11月13日、イスラム教過激派を名乗る者によって行われた。スタッド・ド・フランスやバタクラン劇場、パリ市内のカフェ・レストランなどで発生した銃撃により、合計130名の市民が犠牲となった。

【参考記事】パリ中心部で複数の銃撃事件:犠牲者多数

 
追悼式典は13日午前、郊外のスタッド・ド・フランスからパリ市内へと事件現場を一つづつ周回する形で行われた。小雨の降る中、犠牲となった市民一人ひとりの名が読み上げられ、オランド大統領とパリ市長のアンヌ・イダルゴが事件を記憶するためのプレートの除幕を行った。
IMGP6818
中でも犠牲者の最も多かったバタクラン劇場前には多くの市民が訪れ、パリ市民にとって事件が今なお風化していないことを示していた。式典では要人が参加していることもあり、普段にもまして厳重な警備が敷かれ、遺族やメディア関係者を除く一般市民は、式典終了後になってから劇場に近づくことができた。
IMGP6813
バタクラン劇場の周辺では思い思いに気持ちを表現する市民の姿が見られた。群衆を遠巻きに眺める人、ギターを手に弾き語る人、ロウソクを手に立ち尽くす人もいた。
IMGP6824
その後、筆者は10区のカフェ「ル・カミヨン」とレストラン「ル・プティ・カンボッジ」のある通りに移動した。式典終了から時間が経っていたが、まばらながら現場を訪れる市民の姿が見られた。ル・カミヨンの店内には赤・白・青の三色のロウソクが飾られ、窓際には市民が置いていったと見られる折り鶴があった。
IMGP6847
この他、夜になるとサン・マルタン運河でロウソクを流したり、エッフェル塔のライトアップなど、追悼行事が市内各所で行われた。
IMGP6805
上の写真は市内の各所に掲示されたパリ市による広告である。「FLUCTUAT NEC MERGITUR」は「たゆたえども沈まず」という意味で、パリ市の伝統的な標語だ。事件後に動揺する多くのパリ市民の口に上り、合言葉として使われた。

事件から一年が経ち、市民は日常生活を取り戻しながらも、パリを取り巻く空気は事件前とは確実に異なっている。なお、フランスは来年、大統領選挙を控えている。「たゆたえども沈まず」、幾度の困難を乗り越えてきたフランスは、今後どこへ向かうのだろうか。