2016y01m12d_032855687
13日、堺雅人主演NHK大河ドラマ「真田丸」の最新話となる第45話「完封」が放送された。

「真田丸」第45話「完封」あらすじ

ついに完成の時を迎えた大坂城の出城「真田丸」。迫りくる徳川軍を前に籠城を決定した豊臣。いよいよ決戦「大坂冬の陣」のときが近づいていた。真田幸村(信繁)は力になりたいという妻の春(松岡茉優)に対し、城を守るよう説得する。それを見ていたきり(長澤まさみ)は茶々(竹内結子)の侍女となることに。茶々は自ら甲冑をまとい、陣中見舞いに出向くのだった。

家康(内野聖陽)は上杉景虎(遠藤憲一)に真田丸攻めを命じる。直江兼続(村上信吾)が関が原の戦いの際に送りつけた書状(直江状)を根に持っていたのだ。徳川軍による攻撃を察知した真田は、城の前方に陣取っていた前田の陣に先制攻撃をかける。一時前田軍による城内への侵入を許すも、緒戦を優位に進める真田軍、結果的に前田と井伊を退却させることに成功する。真田幸村は大坂冬の陣における「真田丸の戦い」を完封におさめることに成功したのである。

「真田丸」第45話視聴率

そんな「真田丸」第45話の視聴率は15.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。前回第44話と同数字となった。

なお、家康を怒らせた「直江状」完全版の朗読がYoutubeのNHK公式チャンネルにアップロードされているので、興味を持った方は要チェックだ。ドラマ「真田丸」次回第46話「砲弾」の放送予定日は11月20日だ。

photo: nhk.or.jp