2016y01m12d_032855687
5月1日、堺雅人主演の大河ドラマ「真田丸」の第17話「再会」が放送された。

「真田丸」第17話「再会」あらすじ

真田家存亡の危機に立たされた真田信繁(堺雅人)、昌幸(草刈正雄)や信幸(大泉洋)ら一家を徳川家康の手から守るため奮闘する。関白として実権を握る秀吉(小日向文世)が、家康に真田討伐の命を与えたのだった。

ところが秀吉の本心は、一度は家康に恩を売り、その直後に真田征伐の命を取り消し、家康の出方を窺うことにあった。いつまでも上洛しようとしない家康に対し、秀吉は母親のなかを人質に出すことを決める。家康はついに上洛の決意を固める。

その頃、茶々(竹内結子)が信繁を気に入っていることを見抜いた秀吉は、信繁に茶々の警備を命じる。信繁は大坂城に出入りする踊り子の中に姉の松(木村佳乃)に似た人物を見つけるが、人違いだと一蹴される。

かくして家康は上洛した。秀吉は巧みな根回しにより、家康に頭を下げさせることに成功する。真田の里では、昌幸ら一族が上洛の是非をめぐって会議を重ねるのだった…

「真田丸」第17話視聴率

5月1日に放送された「真田丸」第17話の視聴率は17.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。先週放送された第16話の視聴率16.9%からわずかに数字を伸ばす結果となった。次回、果たして昌幸の上洛は成るのか。「真田丸」第18話の放送予定日は5月8日だ。

photo: nhk.or.jp