juhan-shuttai
4月19日、黒木華主演の火曜ドラマ「重版出来!」の第2話が、TBSより放送された。

ドラマ「重版出来!」は新人女性編集者の黒沢心を主人公に、漫画家を支える編集者の仕事を描くストーリー。原作は松田奈緒子により『月刊!スピリッツ』に連載中の同名コミックだ。タイトルの重版出来(読みは「じゅうはんしゅったい」)とは、書籍を初版と同じ装丁で刷り直すことで、初版が売り切れとなるほどの人気の証明でもある。 

ドラマ「重版出来!」主人公の黒沢心を演じるのは、大河ドラマ「真田丸」で主人公・真田信繁の最初の妻を演じて話題を集めた黒木華。連続ドラマ初主演となる黒木華は、大学柔道部出身の新人編集者を演じている。その他の出演者は、主人公の尊敬する編集者の五百旗頭敬を演じるオダギリジョー、営業部の小泉純を演じる坂口健太郎、編集長の和田靖樹を演じる松重豊と、豪華キャストが集まっている。また、主題歌にはユニコーンの新曲「エコー」が起用されている。

ドラマ「重版出来!」、4月19日に放送された第2話のストーリーでは、望まない部署に配属されてやる気を失っている営業部の小泉純の姿が描かれた。部数を増やしたい編集部と部数を押さえたい営業部の間で繰り広げられる攻防。営業部に出張に来た黒沢心は、小泉とともにコミックの営業のため書店を回るのだった。

「重版出来!」第2話の視聴率は7.1%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。初回の9.2%に比べて2.1ポイント減少する結果となった。裏番組の「僕のヤバイ妻」は8.3%であり、いずれも低調という結果となった。

「重版出来!」次回第3話の放送予定日は4月26日。視聴率の回復なるか、注目が集まる。

photo: tbs.co.jp