2016y01m12d_032855687
17日、堺雅人主演の大河ドラマ「真田丸」の第15話「秀吉」が放送された。

「真田丸」第15話「秀吉」あらすじ

先週の第14話より第2部「大坂編」がスタートした「真田丸」、今週の第15話では、主人公の信繁が大阪城の人びとと対面する様子が描かれた。

上杉景勝(遠藤憲一)に従って大坂を訪れた真田信繁(堺雅人)は、巨大な大阪城に圧倒される。そこに突然現れたのは天下人・羽柴秀吉(小日向文世)。信繁は秀吉に従って遊郭へ連れ出されるのだった。そこへ石田光成(山本耕史)が現れ、仕事を放りだした秀吉を大坂城へ連れ戻す。

翌日、秀吉は上杉景勝と謁見。景勝は正式に秀吉の下に付くことになる。秀吉は上杉家に真田への加勢を禁じる。徳川家康が真田を攻める計略を立てていたのだ。

そんなことは一切知らされない信繁は、彼を気に入った秀吉に連れられ、千利休(桂文枝)や茶々(竹内結子)、寧(鈴木京香)ら秀吉の家族・友人と出会うのだった。

「真田丸」第15話視聴率

4月17日に放送された「真田丸」第15話の視聴率は18.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。先週放送された第14話の視聴率17.1%から1.2ポイント数字を伸ばす結果となった。「大坂編」のストーリーも盛り上がりを見せ、今後もさらなる視聴率アップが期待される。「真田丸」次回第16話の放送予定日は4月24日だ。

photo: nhk.or.jp