Hawking1
現地時間12日午後(日本時間13日未明)、英国の物理学者であるスティーヴン・ホーキング博士が、衝撃的な発表を行った。

ホーキング博士は以前より重大な発表を行うことを予告しており、世界の注目を集めていた。ニューヨークの世界貿易センターより現地時間12日に行われた発表によれば、ホーキング博士はロシアの企業家・物理学者であるユーリ・ミルナー、そしてFacebook社CEOのマーク・ザッカーバーグと協力して地球外生命体の探査に乗り出すという。計画名は「スターショット」。費用の見積もりはなんと100,000,000ドル。一体どんな計画なのだろうか。

ホーキング博士によれば、計画では微小なチップを地球から約4.4光年離れた場所に位置するケンタウルス座α星(アルファ・ケンタウリ)に向けて放出。チップにはカメラや電源、ナビや通信機器を搭載し、地球に似た惑星がないか観測を行うという。

なお、推進力としては光子加速によるレーザー推進を用いるという。手順としてはまずロケットで多数のチップを宇宙空間に運搬し、その後、地球から放たれたレーザービームを受けて目標の星に到達する。速度は光速の20%で、目標であるアルファ・ケンタウリまで20年かけて到達する計画だという。以下に掲載するのは、計画のシミュレーション動画である。



もちろん、小型チップや高出力のレーザービームの開発には困難が予想される。ホーキング博士のチームから今後も目が離せない。

photo: theremino.com