2016y02m04d_170128089
2月3日、水曜ドラマ「ヒガンバナ~警視庁捜査七課」の最新話となる第4話が放送された。

「ヒガンバナ」は事件関係者に「シンクロ」(同調)する特殊能力を持った刑事の来宮渚が、その能力を使って難事件を解決していく刑事ドラマ。演じるのは堀北真希だ。一方、そんな渚のバディとなる雪乃を演じるのは檀れいだ。

2月3日に放送された「ヒガンバナ」第4話では、捜査のため図書館を訪れた雪乃(檀れい)が、同じ本を手に取った青年・三岡(萩原聖人)に一目ぼれするシーンから始まった。その頃、女性研究員・曜子(月船さらら)が池の中で死体で発見される事件が発生。捜査のため話を聞くことになった曜子の同僚は、なんと数日前に出会った三岡で…というストーリーだった。

そんな「ヒガンバナ」第4話の視聴率は10.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。ドラマ「ヒガンバナ」の視聴率はこれまで11.2%、10.6%、11.2%、10.4%と推移してきた。

ドラマ「ヒガンバナ」次回第5話の放送予定日は2月10日だ。

photo: ntv.co.jp