2016y01m12d_032855687
堺雅人主演のNHK大河ドラマ「真田丸」第4話が1月31日に放送された。

「真田丸」第4話あらすじ

織田信長(吉田鋼太郎)の招聘に応じ、面会に向かった真田昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)の父子。信長の家臣にしてもらうため策略をめぐらす真田家の二人だが、それを警戒する徳川家康(内野聖陽)の妨害にあい苦戦する。

その頃、真田の里では信幸(大泉洋)が留守を任されていたが、姉の松(木村佳乃)が夫の茂誠(高木渉)をかくまっていたことで、幼なじみのきり(長澤まさみ)らを巻き込んだ騒動に発展する。

真田家の織田への臣従が認められた。安堵する一家だったが、直後に明智光秀(岩下尚史)による信長襲撃(本能寺の変)が起こる。一家は再び戦と混乱の中に追い込まれるのだった…。

「真田丸」第4話視聴率

「真田丸」第4話の視聴率は17.8%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。番組の視聴率はこれまで19.1%、20.1%、18.3%、17.8%と推移してきた。

ドラマ「真田丸」次回第5話の放送予定日は2月7日である。

photo: nhk.or.jp